フローリングを選ぶ際にチェックする性能│防音編~遮音性を高めよう~

フローリングを選ぶ際にチェックする性能│防音編~遮音性を高めよう~

フローリングを選ぶ際にチェックする性能│防音編~遮音性を高めよう~

■ 引き続きフローリングの遮音についてです

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。

リフォームをお考えの皆さん、室内の床はフローリングのご予定ですか?
おそらく現在多くの住宅では、日本人のライフスタイルの変化に伴ってテーブルやイスや置くようになり、和室が減ることで畳ではなく、フローリングを選ばれる方が多いと思います。

ですが、フローリングならすべて同じだと思っていませんか?

フローリングひとつとっても、施工の仕方、性能が全く異なります。
そんなフローリングについてご紹介します

■ 遮音性を高めるためには!?

前回は遮音性をはかる指数、L値について説明しました。

では、どうすればL値を抑える、つまり、遮音性を高めることができるのでしょうか?
今回は具体的な防音対策についてみていきましょう。

遮音フローリング

■ おぼえておこう遮音フローリング

もし床をカーペットにすると、スプーンを落とした時、普通のフローリングよりも音が軽減できることはイメージできますよね?
床が柔らかくなれば音も軽減できます。

遮音フローリングとは、軽量床衝撃音を軽減するため対策を施したフローリングのことです。
表面が柔らかく、乗るとふかふかとした感触があります。

スラブの厚さ

■ おぼえておこうフローリング下地

スラブとは、床構造をつくる基盤のことです。一般的普段目にしているフローリングの床の一番下にはコンクリートスラブがあります。
床スラブの梁に囲まれた面積が小さく、スラブが厚いほど、遮音性能は高くなります。

スラブの面積が大きくなればなるほど、音の太鼓現象によって増大し、上下階に音が伝わりやすくなります。
厚みの基準は200mm以上が好ましいです。230mm程度あれば遮音性が高いと言えるでしょう。

物件を選ぶ段階で、スラブ厚の厚いものを選んでおくとよいでしょう。
不動産聞いておくことのひとつとして頭に入れておきましょう。

防音効果は仕上げ材(つまり、フローリングか遮音フローリングか)が非常に重要なポイントです。
ですが実際には、仕上げ材だけでなく他の要素も遮音性に影響しますので、念のためフローリングを選ぶ際には、記載されている遮音性能(L値)よりワンランク上のものを選んでおくといいでしょう。

ただし、直接フローリングをコンクリートに張るのではなく、床下地を設ける場合にはこの限りではありません。
それについては、次回書いていきます。

フローリング下地・乾式二重床

いかがでしたか?
フローリングについて少しご理解いただけたでしょうか。
家を建てる時、借りる時など、より快適な家づくりができるといいですね。

The following two tabs change content below.
天野裕士
hiroshi amano 釣が大好きな天野です。そのため背景が魚になっています。 先日、釣ってきた魚をお客さまにプレゼントしたら、とっても喜んでいただけました。 釣りの好きなお客さま、是非釣りにいきましょう!私がアテンドします

関連記事

  1. 限られた予算で最高のリフォームをするための方法とは?

  2. 耐震性

    地震に強い木造住宅の条件とは!?

  3. 防災設備って何がある!?長野市のしろくまペイント

  4. 漆喰

    健康住宅に取り入れたい!自然素材でできた壁材を徹底解説!長野市のしろくまペイント

  5. 床下

    床下や小屋裏の湿気をなくす方法とは!?

  6. フローリング

    あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?木質フローリング編・長野市のしろくまペイント