あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?木質フローリング編・長野市のしろくまペイント

フローリング

あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?木質フローリング編

リフォームをする際に重要になってくるのが、フローリングではないでしょうか?
現在では木質のフローリングのほかにもたくさんの床材が登場しています。

そのため、「どの床材にすればいいのかわからない」と迷っている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は様々なフローリングの種類とその機能性をそれぞれご紹介していきます!

○木質フローリング

カーペットなど、様々な床材が登場している現在でも住宅フローリングの主流は木材です。木質のフローリングには大きく2種類あります。それぞれのフローリングには異なる特徴があるので、一つずつ見ていきましょう!

・単層フローリング

最近、人気が高まっているのが、無垢材とも呼ばれる単層フローリングです。

無垢材とは切り出した天然の木材を加工したものを指します。
天然素材を使用しているので、小さな子供がいる方や、自然志向な人に選ばれているようですね。機能性は樹種によりますが、木材の中に空気を含み、断熱性や保温性に優れていることが最大の魅力です。

また、高い調湿性能を誇り、夏はベタつかず、冬には部屋の乾燥を防いでくれるでしょう。
一方、湿度差により、膨張と伸縮を繰り返すため、フローリングが反ってきたリ、割れてきたりするという弱点もあります。

・複合フローリング

現在住宅でよく使用されているのが、この複合フローリングです。
複合フローリングとは、基材に化粧材を貼った床材のことを言います。
化粧材には天然木を薄く削ったものや、樹脂化粧シートなどがあります。
無垢材と異なり、そりや縮むことがないので、耐久性に優れています。

また、化粧材を加工する技術が向上したため、様々な機能を持った複合フローリングが登場しています。
例えば、傷や汚れに強いフローリングも開発されています。また、豊富な色やデザインがあるのも嬉しいポイントですよね。

今回はフローリングの中でも木質フローリングの種類と特徴の違いをご説明しました。

無垢材や複合フローリングの特徴を考えたうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう!

次回は他のフローリング材をご紹介していきます!

 

関連記事

  1. 限られた予算で最高のリフォームをするための方法とは?

  2. 耐震性

    地震に強い木造住宅の条件とは!?

  3. 防災設備って何がある!?長野市のしろくまペイント

  4. 漆喰

    健康住宅に取り入れたい!自然素材でできた壁材を徹底解説!長野市のしろくまペイント

  5. 床下

    床下や小屋裏の湿気をなくす方法とは!?

  6. あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?その他のフローリング編・長野市のしろくまペイント