あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?その他のフローリング編・長野市のしろくまペイント

あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?その他のフローリング編

前回の記事では、木質フローリングの種類とその特徴をご紹介しました。
木質フローリングは無垢材と複合フローリングの二つに分けられます。

天然の木の温かさが無垢材の魅力である一方、様々な機能性を持つのが複合フローリングの強みです。

現在では、複合フローリングを採用している住宅が多いようですが、自然志向の方には無垢材も高い人気を誇っています。
今回も引き続き、様々なフローリング材とその特徴を見ていきましょう!

○コルク材

コルク材とはコルク樫の皮を原料に圧縮形成した床材のことを言います。
粒上のコルクを焼き固めたものや、タイル状にしたもの、フローリングにしたもの等様々なタイプの商品が登場しています。

コルク材は色々な優れた機能を持っていることが人気の秘訣です。
例えば、高い耐久性や吸音性、断熱性を誇っています。

また、足腰への負担が少なく、転んでもその衝撃を吸収してくれるといったメリットも併せ持っています。
そのため、小さなお子様や高齢の方が暮らしている住宅に最適と言えるでしょう。

○タイル

キッチンやダイニングによく用いられているフローリングがタイルです。
これは、タイルの色やデザインの選択肢が豊富な素材で、部屋の雰囲気に合ったものを見つけやすいからでしょう。
また、耐久性や耐水性が高いこともキッチンでよく使われている理由ではないでしょうか?
ただし、目地が汚れやすいことや、滑りやすく硬い素材であることに注意しましょう。

○カーペット

織物や敷物系の床材を総称してカーペットと呼びます。
タイルとは異なり、保温性に優れていることが特徴で、柔らかく温もりがある床材でもあります。

このような特徴から寝室で主に用いられることが多いようです。

また、汚れた部分だけを交換できるタイルカーペットも販売されているので、汚れることが多いペット用の床材や子供部屋におすすめです。

今回も引き続き床材についてお話ししてきました。

自分に合ったフローリングを選ぶ参考にしてみてくださいね。

 

関連記事

  1. 限られた予算で最高のリフォームをするための方法とは?

  2. 耐震性

    地震に強い木造住宅の条件とは!?

  3. 防災設備って何がある!?長野市のしろくまペイント

  4. 漆喰

    健康住宅に取り入れたい!自然素材でできた壁材を徹底解説!長野市のしろくまペイント

  5. 床下

    床下や小屋裏の湿気をなくす方法とは!?

  6. フローリング

    あなたは知っている?抑えておきたいフローリングの種類とその性能とは?木質フローリング編・長野市のしろくまペイント