長野市内で屋根の現調を行いました『折半屋根・塗膜のチョーキング』

長野市内で金属屋根の現調にお伺いしました。

現調地域長野県長野市
現調場所会社事務所の屋根
現調内容屋根の塗装
現調経緯ホームページから問い合わせをいただきました。

七月も半ばを迎え、今週は3連休がありますね。
今週末位から新潟県でも海開きをするところが多数あるそうです。
沖縄県以外では梅雨明けはしていませんが夏の訪れを感じますね。
最近は日中に気温が高く、午後に天気が急変する事が多いので海に出かける際は十分に気を付けていくようにしてください。
もちろん準備運動や水分補給も忘れないようにしましょう。
ここ最近しろくまペイントにお問い合わせをいただいた内容になります。
検討されているお客様はこちらを参考にしていただいてご相談いただければと思います。
(1)軽井沢町 ウッドテラスの改修及び塗装
(2)長野市  壁紙クロスの張り替え
(3)長野市  畳からフローリングへの張り替え
(4)長野市  ペット用網戸のご依頼
といった内容です。
上記の内容は少なからず当てはまる方もいるのではないでしょうか?
最近はペット用の網戸の需要が高いらしくメーカーの方でも生産が追いついていないという話を聞きました。
ペットを飼っているお客様で既存の網戸が破れてしまっている方多くいます。
この機会にペット用に交換するのもおすすめです。

折半屋根は定期的な塗装が必要です。ボルトからの雨漏りに注意!

屋根現調

左:塗膜のチョーキング   右:サビの発生

屋根現調

左:ボルトのサビ   右:金属下地の露出

ホームページから問い合わせをいただいたお客様になります。
当初はアパートの塗装見積のご依頼だけでしたが、その他にも見ていただきたい建物があるとの事でアパートの現調が終わってから見てきました。
写真にもありますが、塗膜のチョーキングが確認できます。
塗膜性能は低下しているので部分的にサビの発生や下地であろう金属部分の露出が確認できます。
折半屋根は一枚物の屋根ではなく何枚もの金属折半を重ねながら屋根を形成します。
その際に固定するのがボルトですがメンテナンスを怠るとサビが発生したり屋根とボルトとの隙間を生み出します。
隙間が生まれるとそこから水が浸入して雨漏りの原因につながります。
特に工場や会社の事務所で使われることが多いので雨漏りしたらそれこそ損失額の方が多くなることでしょう。
そういったトラブルを起こさないためにも定期的な塗装工事が必要なのです。
折半屋根は金属が多く熱を吸収しやすいので事務所内の温度が高く過ごしずらい事もあります。
暑さを軽減できる塗料もあります。
職場環境の改善に一役買ってくれること間違いなしです。
これからの時期はさらに暑くなることが予想されます。
少しの改善で最大限の効果を発揮する塗装工事で建物を保護していきましょう。

The following two tabs change content below.