車道に面している建物の外壁塗装工事のポイント

長野市内でビルの屋根・外壁塗装工事を行っています。

施工地域長野県長野市
施工場所ビルの屋根・外壁塗装
施工内容全体的に劣化が出ている建物の塗装工事
施工経緯お客様からのご依頼
使用材料屋根、笠木…アステックペイント スーパーシャネツサーモフッ素(グリーンレイバー)
外壁   …アステックペイント 超低汚染性リファインシリコン(クールホワイト)
      アステックペイント 超低汚染性リファインシリコン(チャコール)
雨どい  …アステックペイント マックスシールドフッ素   (クールホワイト)
軒天   …アステックペイント マックスシールドフッ素   (リーガルブラウン)

屋根や外壁の塗装工事に限らず、外装の修繕といった高所で作業を行う際に必ず必要なものに仮設足場があげられます。
施工会社によって違いますが費用としては900~1200/㎡でお見積書には記載されている事が多いです。
内容として仮設足場の設置・撤去飛散防止メッシュ・昇降階段が費用の中に組み込まれています。
塗装工事をする際には飛散防止メッシュは必ず必要になりますが、外装工事の場合、使用しないことが多いのでその分費用がお安くなることもあります。
ただ、全体的な工事にかかる費用の2割ほどは足場の費用になるので敬遠もしくは費用を掛けずに施工をお願いしたい方にとっては足場無しで行ってもらいたい気持ちがあると思います。
しかしながら、高所で作業を行う場合労働安全衛生規則によって高さ2m以上で作業を行う場合には足場を組み立てるなどの対策を講じなければなりません。
また、足場を設置する事で安全性の確保や作業性が向上するメリットがあります。
住宅の高所作業においては必ず必要なものになりますので、ご依頼をされるお客様にはご理解いただきたいと思います。

建物が車道や歩道に面している場合は道路占有許可が必要です。

車道に面している建物

左:仮設足場設中   右:仮設足場設置後

長野市内でビルの屋根、外壁塗装工事を行っています。
戸建ての多くは塀に囲まれている事が多いので、仮設足場を設置する上では問題ありませんが、ビルなどの建物はどちらかというと歩道に面している事が多いです。
そういった建物の外壁工事をする場合、戸建て住宅と違う点は仮設足場を設置する時に歩道に足場がかかってしまうことです。
私有地でない場合、市道や県道、国道に分類されますが、一時的でも道路を占有する形になりますので道路占有許可を申請する必要があります。
市道の場合は市役所とその市道を管轄する警察署にそれぞれ書類を提出しなければなりません。
今回の場合は建物の一面だけが歩道に面していますのでその部分の申請になります。
その時に気を付ける点が防犯対策や安全対策といった書類の作成です。
仮設足場を設置する事で、夜間は特に建物が見づらくなるといった問題が起こります。
そういった問題が起こらない様にするために、安全対策を取ります。
例えば、チューブライトといった仮設照明を夜間は常時点灯するなどの対策です。
申請をしてから許可が下りるまでに約2週間かかるので、実際に施工をする場合はその期間も計算しながらスケジュールを組む必要があります。
それ以外にも、仮設足場が電柱にかかりそうな場合は電力会社やNTTへの連絡が必要になります。
電線の場合は高圧電線などの場合があり、触れてしまう事で大事故が起こるので保護カバーを仮設足場の設置前に取付てもらいます。
NTTの場合は電話線だけでなく、インターネットの光回線も通っており、触れるだけでも通信障害が起こるそうです。
そちらも電線同様に保護カバーを付けなければなりません。
仮設足場を設置する前に、それだけの準備をしなければならないのです。
しろくまペイントではそういった申請から全て行っていますのでご安心ください。