坂城町で外壁塗装の現調にお伺いしました『トタン屋根のサビ、外壁塗膜のひび』

坂城町で外壁塗装の現調にお伺いしました

現調地域長野県埴科郡坂城町
現調場所一般戸建て住宅
現調内容屋根、外壁、破風板、雨どい、雨戸などの塗装
現調経緯ホームページから問い合わせをいただきました

塗装工事は屋根、壁、その他付帯部の塗装をすると最低でも2週間位は時間がかかります。
その他にシーリングや修繕工事まで行うと3週間から一ヶ月かかる事も多々あります。
1週間やそこらで終わってしまうような塗装工事だと、どこかで手を抜かれている可能性が高くなります。
例えば高圧洗浄で洗った際の水分が乾いていないまま塗装を行ってしまう事です。
そういった事を繰り返す事で少ない日数で施工を終わらせること可能になり、会社には手を抜いた分余計に利益が入る事になります。
施工前には塗装工事にどのくらいの期間がかかるのか必ず確認してください。
そのまま確認しないままだといつの間にか終わってしまうことがあります。
使用する塗料も確認しましょう。
できれば塗料のカタログを下塗りからしっかりと用意し提出してくれる業者探しをしましょう。
今までの様に職人さんが勝手に塗料を準備して塗装を行う時代は終わりました。
これからは1軒1軒状態にあった塗料の提案とお客様の要望にこたえる施工が大事です。

金属屋根のサビは進行を進めていきます。塗膜のひびは雨漏りを誘発します。

坂城外壁現調

左:トタン屋根のサビ   右:外壁塗膜のヒビ

ホームページから問い合わせをいただき、坂城町のお客様のお宅まで行ってきました。
築年数は結構経過していますが、十数年前に塗装を行っているので汚れは目立ちますが、際だって劣化している箇所はありませんでした。
交通量の多い場所に住宅が建っているので、建物が揺れる事があるそうです。
塗膜性能が低下してくると揺れへの追従が弱くなるので、ひびが入りやすくなります。
ひびが入る事で隙間から水分が入り外壁自体を劣化させる原因にもつながります。
特に人の手が入っているサッシ周りなどにひびが出やすくなります。
一方の屋根はトタン屋根になります。
写真には錆びの発生を確認する事ができます。
錆びはご存知の様に水分と酸素が結合して起こるのでどちらかを封じ込めないと錆びはどんどん進行してしまいます。
腐食し穴が開いてしまったら家の中に水が入る事もあります。
雪かきをしたときに金属のシャベルでキズをつけてしまう事もあるのでトタン屋根の雪下ろしには注意が必要になります。
外壁だけでなく、建物の劣化は天候や立地によって大きく変わってきます。
同じ築年数でも上記の条件で1軒1軒変わってくるので、近所の家と比べてもほとんど参考になりません。
これからどんどん寒くなり、建物自体は露の影響を受けやすくなります。
金属屋根を使っているお宅では錆びや劣化を確認しておく必要があります。