ワンポイントな木部塗装でお部屋がオシャレに様変わり

小布施町で屋根及び室内の木部塗装工事を行っています。

施工地域長野県上高井郡小布施町
施工場所屋根、軒天、室内の木部
施工内容屋根や軒天の塗装、室内の木部塗装
施工経緯お客様からのご依頼
使用材料屋根…アステックペイント スーパーシャネツサーモシリコン(ラセットブラウン)
軒天…アステックペイント マルチエース(N-90)
木部…ワシン ガードラックアクア、プロ(ホワイト、ブラウン、ブラック、チーク、メープル)

長野市内だけでなく、多くの市町村で今日が初雪という地域もあったのではないでしょうか。
幸いスタッドレスタイヤに履き替えていましたので、運転に支障はありませんでしたが、まだ交換をしていない方は早めに交換をしてください。
今週いっぱいは冬型の天気図だそうで、日中の気温も上がらなければ、最低気温も低いので路面の凍結にも注意が必要ですね。
秋をほとんど感じる事もなく、あっという間に冬を迎えそうです。

明後日、23日(木)には毎年恒例のえびす講花火大会が18:00から行われます。
毎年多くの方が訪れる花火大会、去年は約40万人もの人が訪れたそうです。
今日現在の23日の天気は午前中は弱雨だそうですが、午後位から曇りになるそうです。
ただ、花火大会の終わる時間帯だと湿雪という予報になっているので、気温の極端な低下が予想されます。
また、会場から長野駅まで歩く方がほとんどだと思います。
暖かい服装をして花火大会を楽しんでいただければと思います。
2017年度のえびす講花火大会の公式ホームページには臨時駐車場やトイレといった情報が記載されています。
是非参考にしてください。

室内に木が使われている場合、塗装でキレイでオシャレに生まれ変わります。

ワンポイント木部塗装

左:カウンター施工前   右:カウンター施工後

小布施町で屋根、軒天などの内外部塗装工事を行っています。
元請けさんからのご依頼になります。
屋根や軒天は外壁の色に合わせてお客様に選んでいただいた色での塗装です。
室内もリフォーム中という事で、室内の所々に木がふんだんに使われています。
使われている木は集成材といわれるもので、無塗装のままでも味のある風合いになりますが、長年の使用で汚れやキズが目立ってしまうデメリットもあります。
今回はお客様の方で塗装仕上げにしたいとの要望がありましたので、場所に合わせた色を選んでいただき、塗装を行いました。
使用した塗料は木部専用の塗料ですが、室内の場合、物を置いたりする頻度が多いので、通常の塗装仕上げのままだと、表面が摩耗して剥げてしまう事があります。
そのため耐摩耗に優れた保護塗料を3回塗布して表面が剥げにくくします。
室内で木を使用した場合、塗装する事で部屋の印象がガラッと変わります。
特に棚やキッチンカウンターといった場所では壁紙クロスが白い中にワンポイントで色が入るとオシャレな空間に様変わりします。
キッチンカウンターの多くはクリアー塗装されているので木の色がそのまま出ている感じですが、塗装するだけで結構変わるものです。
使用されている木の種類や状態によっては塗装が難しい場合もありますが、一度ご相談していただければと思います。
木枠や棚が汚れてしまってどうにかしたい、棚やカウンターをオシャレにしたい方にはおススメの塗装メニューになります。