屋根塗装事例集

屋根塗装の前に

■ 屋根の塗装をする前の注意点

屋根は外壁と違い普段から見る事ができないので、どの位劣化が進行しているか把握できません。

実際に足場を掛けて塗装をしようと思ったら、劣化の程度がひどく塗装ができないなどのトラブルもあります。

定期邸に塗り替えをしている場合はそういった問題は起こりづらいですが、初めての塗替えでは気を付けなければいけないポイントの一つです。

どんな素材が使用されているか、劣化の程度を最初の段階で把握する事が施工時のトラブルの軽減、施工方法の選択肢も増える事につながります。

■ 屋根劣化のサインとは!?
見逃さないで建物が発する塗り替えサイン(屋根)

◆サビについて
時の経過と共に発生します。ほっておくと穴が開いたり、雨漏りの原因にもつながります

◆退色・色褪せについて
建物の中で一番、外的要因を受ける場所です。気づいた時には劣化が進行していることも

◆かび・藻について
コケや藻が発生している場所は、水気を帯びていることが多く、反りの原因にもなります

塗装が必要な屋根材と、そのメンテナンス時期

■ 屋根材は何ですか!?

・コロニアル(スレート)
・金属屋根
・モニエル瓦
・波型スレート屋根【工場で使用されることが多い】
・アスファルトシングル

仕上げ材仕上げ材について留意点メンテナンスサイクル
コロニアル
金属屋根   
モニエル瓦  
波型スレート屋根  
アスファルトシングル 
 

どんな塗料を選べばいいのか?

 ■ 夏の嫌な暑さを防ぐ塗料や長持ちする塗料、それとも価格?

屋根に塗装する塗料は多くの塗料メーカーから多種多様の塗料が販売されています。

そのため塗装工事を検討されているお客様はどういった塗料を選べばいいのか迷われていることでしょう。

最初に考えるべき点として

”塗装する事でどのくらい家を長持ちさせたいか”

塗装工事は金額も安くないので、そう簡単に何度もできる事ではありません。

そのためどのような塗料を選択するかによって費用は大きく変わってきます。

例1)コストを抑えた塗装

屋根の塗装工事には必ず仮設足場+塗料代+人件費+諸経費といった費用必ずがかかってきます。

塗料のグレードを低くして塗装をする事でコストは抑えることができますが、反対に塗料自体の性能が低いので塗装後10年経たない内に、再度塗装工事が必要になるケースが多いです。

初期費用は抑えられますが、塗替え回数が多くなります。
今では少なくなりましたが、ウレタン塗料があげられます。

例2)耐候性の高い塗料を使用した塗料

お客様の多くがこちらを選ばれます。初期費用が多くかかりますが、塗り替え回数を少なくすることができます。

高耐候性の塗料の中には約20年持つ塗料も販売されています。
最近ではフッ素塗料や無機塗料といった塗料が該当します。

塗料にはウレタンやシリコン、フッ素、無機といった感じで塗料の種類がありますが屋根の塗装には最低でもシリコン以上のグレードで塗料を選ぶ様しましょう。
また、しろくまペイントでもシリコン塗料以上でしかご提案はいたしません。

さらに上記に記載した塗料でも更に細分化する事ができ、太陽の熱を反射する遮熱効果のある塗料が存在します。
特に夏場は屋根が熱を溜める事で屋根裏から室内に熱が伝わり、室内温度が高温になる事がほとんどです。

遮熱塗料は太陽の熱を反射するので屋根自体の熱が溜まりにくいのが特徴で、その結果夏場の光熱費の削減にも効果が得られる機能性のある塗料になっています。

一般住宅だけでなく、工場や店舗といった夏場に光熱費が多くかかる建物には経費削減にも効果を発揮します。

例えば、遮熱効果のないシリコン塗料とあるシリコン塗料では価格自体もほとんど変わらないので、しろくまペイントでは特にお客様の要望がない限りは遮熱効果のある塗料でのご提案をさせていただいています。

■ しろくまペイントで取り扱っている遮熱効果のある塗料

しろくまペイントでは遮熱効果のある塗料を数種類取り扱っています。
それぞれの塗料に特徴があり、効果や耐候年数、かかる塗料代も違うので予算等に合わせて選んでいただけます。

ガイナ:日進産業夏の暑さや冬の寒さだけでなく騒音や臭いなど、私たちはさまざまな住環境を抱えながら生活をしています。
ガイナは独自の技術により、夏の暑さには遮熱効果を、冬の寒さには断熱効果を発揮します。
また、騒音の軽減にも貢献します。
スーパーシャネツサーモシリーズ(シリコン・フッ素):アステックペイント優れた遮熱性能により、太陽光を効果的に反射します。それにより室内の温度上昇を抑え、生活環境を快適にします。
塗料に含まれている樹脂は熱に弱いので、近赤外線の影響を受ける事で樹脂が破壊され、塗膜の劣化が起こります。
それに対しスーパーシャネツサーモシリーズは近赤外線を効果的に反射するので、熱による塗膜の劣化を抑制します。
塗膜が長持ちする事で建物を長期的に守るのです。
サーモアイシリーズ(シリコン・フッ素):日本ペイントサーモアイは、省エネ・CO2削減に優れた特徴を持つ遮熱塗料で、外壁用のサーモアイは下塗り材にも遮熱機能を持たせたことで従来の遮熱塗料と比べて反射機能が向上しています。
また、独自の赤外線透過技術によって、上塗りで反射できない赤外線を透過させて、下塗りの反射性能をいかしています。
サーモアイを塗ることで日射エネルギーを反射して蓄熱を抑制します。
アドグリーンコート:日本中央研究所アドグリーンコートは他の遮熱塗料にはない排熱効果を持っています。
排熱効果とは太陽光を反射しきれなかった熱の浸入を防ぎ、外に排出するもので、全ての熱を反射しなくても内部への侵入は許さないという効果がありますので結果的に熱だまりを軽減し、建物全体をクールダウンさせやすい塗料となっています。

上記4つのメーカーを中心に施工をしています。

またその中でもシリコンやフッ素といった具合にグレードがあるので、目的や予算に合わせる事が可能となっています。

屋根の塗り替えについてお伝えしてきましたが、痛みの程度によっては、どんな工事が必要かが変わってきます。
屋根材が痛み過ぎている場合、葺き替えの方が適当であったりするからです。

それでは、どんな屋根の工事があるのでしょうか!?

屋根の修繕方法

■ 痛んだ屋根の修繕方法って!?

工具

金属屋根の傷み具合によって修繕方法を提案します

屋根の痛みは目で確認できることが多いです。

目で確認できるほどの傷みが屋根に出た場合は早急な修繕が必要になります。
修繕方法も多くありますが、傷みの程度や屋根の使用年数を加味した上で修繕をおこないます。

部分的に交換・全体的に交換・塗装工事による修繕のいずれかに限られます。
それぞれ費用にがありますので傷みの程度で一番適した修繕方法を選ぶことが好ましいです。

カバー工法
屋根カバー工法

屋根の上にルーフィングを張っているようす

既存の屋根の上から新しい屋根材を被せる工法になります。

屋根の下地に傷みが無い場合はカバー工法が適しています。
メリットとしては既存の屋根を解体しないので廃材がほとんど出ない、屋根が2重になるので雨が降った際に雨音をあんまり感じなくなる。

デメリットは2重屋根になるので重量が増えてしまうので耐震性が落ちる恐れがあります。

葺き替え工法
屋根に桟を設置しています

屋根に桟を設置しています

既存の屋根を全て撤去して新しい屋根に交換する工法です。

防止シートや下地の野地板・屋根に至る部分まで傷んでいた場合に交換することで耐久性が向上します。

デメリットはカバー工法と比べても工期がかかってしまう、費用が他の工法と比べても高い。

塗装工事
トタン屋根塗装のようす

トタン屋根塗装のようす

塗装工事で対応できる場合は他の工法と比べて屋根材の表面だけでなく下地材も傷んでいない場合には塗装工事で対応できます。

その見極めと塗装が可能な時の塗料の選択が住宅の保護に直結するのでちゃんと確認してもらいましょう。

 

屋根塗装工事事例集

長野市屋根施工前

施工前

■ 既存屋根の状態について

長い間紫外線や雨、雪の影響を受けていたにも関わらず、折半屋根部分には目立つようなサビを確認することは出来ませんでした。

しかし、重なり合う折半屋根を固定しているボルトは写真でも確認できるように全体的にサビが発生しているので、折半部分にサビが移らないように早めのメンテナンスが必要です。
折半屋根の様に傾斜の無い屋根は日頃から点検をすることが難しい場所でもありので、機会を見つけないとそのまま放置する結果になるでしょう。

塗り替えより張り替え等の方がコストが圧倒的にかかってしまい入居様に家賃の上乗せという形で転嫁されていきまます。

ケレン作業

ケレン作業

■ 塗装前に大切な下地処理

ボルトキャップを含めた折半屋根部分をマジックロンと呼ばれる道具で目荒らしをします。
塗料の密着をよくするためと脆弱な塗膜を除去する目的をもっています。

どんなにグレードの高い塗料を使っても下地処理がしっかりされてなければ密着不良などの施工不良をおこしてしまいます。
作業の中ではかなり重労働の部類になりますが塗装工事の作業工程上必ず行う工程でもあります。

その後、プロが使用する高圧洗浄機で屋根を隅々までキレイにし汚れや細かいゴミを洗い流します。
ガソリンを使用した洗浄機なので、どうしても音が大きくなってしまいますが入居者をはじめ、近隣の方にはご理解・ご協力をいただき御礼を申し上げます。

下塗り(さび止め)塗装

下塗り(さび止め)塗装

■ いよいよ塗装工程へ

高圧洗浄後乾燥時間を設けてから下塗り(サビ止め)の塗装を行っていきます。
さび止めには1液と2液タイプがありますが性能自体に大きな差はないので基本的には1液タイプを使用します。

ボルト部分やローラーの入りづらい場所には予め刷毛で塗装し、大きい面の部分はローラーで塗装していきますが、薄くならないように確認しながら塗装を進めます。

中塗り塗装

中塗り塗装
さび止めの塗装が終わってから乾燥時間を取って中塗りの作業を行います。

中塗り・上塗りでしっかり塗膜をつけて塗料の性能を生かすので決められた希釈率と塗布量は守らなければいけません。
その他にも塗料はしっかりと攪拌して沈殿している成分をまんべんなく混ぜる事も重要です。
塗装時も液だれやムラに気を付けながら塗装をしていきます。

上塗り作業中、ボルトキャップ取付

上塗り作業中、ボルトキャップ取付
中塗りが終わったらいよいよ、上塗りになります。
中塗りと同様の作業になりますが、仕上げになるので特に気をつかわなければなりません。

また天候にも注意し気温が低すぎるとツヤが引けてしまったりするので作業時間も考えながら塗装をします。
上塗り乾燥後にボルト部分にキャップを被せていきます。
キャップをかぶせる事で直接雨が当たる事がないのでボルトの隙間から雨が入って雨漏りするようなこともなくなります。

施工後

施工後
施工前と違いツヤのあるキレイな屋根に生まれ変わったと思います。
美観も大切ですが建物の保護という観点からみてもしばらくは安心できることでしょう。

定期的に屋根を含めた建物の維持管理をすることが建物の価値を維持し賃貸物件としての魅力を向上させる事につながっていくと思います。

長和町Oさま邸屋根塗装工事

施工前

今回の施工は折半屋根・トタン屋根・アスファルトシングルのパラペット部分の塗装工事を行いました。

長い年月塗装工事を行っていなかったので、折半屋根のボルト部分やトタン屋根には錆びが発生していました。
パラペット部分も汚れやコケが発生しており、屋根やパラペットの性能が低下していることが確認できます。

折半屋根は主に工場や倉庫で多く使われていますが、屋根部分よりボルト部分の方が錆びやすく劣化も早いので注意が必要です。

また、ボルト部分からの雨漏りが一番多いのが実情です。
トタン屋根は長野県で現在でも多く使用されています。最近では高耐候性の素材も多く使われていますが

トタン屋根も定期的な塗り替えをしないと劣化の進行が速いです。

ケレン作業

折半屋根やトタン屋根といった金属部分の塗装では塗装をする前に必ずケレン処理を行います。

ケレン処理をする事で既存の錆びを落とすだけでなく、塗料との密着を高める効果、脆弱な塗膜を剥がす効果があります。

錆びの程度や場所によって手で行う場合と電動工具で行う場合に分ける事ができます。
作業の中では一番大変な作業になりますが、ケレン処理をしっかりする事が施工不良をなくすだけでなく仕上がりを良くする大切な工程になります。

高圧洗浄作業

屋根やパラペット部分に付着している汚れやゴミをガソリン式の高圧洗浄機を使用してキレイに洗い流します。

とても水圧が強いので、ケレン作業では取れなかった脆弱な塗膜も取る事ができます。
中には水を流すだけだったり、家庭用の電気式洗浄機を使う業者存在しますがほとんどが洗浄したとは言い切れないです。

ご自宅の塗装で上記の様な作業をされていたら気を付けてください。もしくは契約前などの段階で高圧洗浄機はどのような種類のものを使用するか聞くことも失敗しない塗装工事の一つではないでしょうか

下塗り塗装

高圧洗浄後最低でも1日空けてから下塗りの作業に入ります。
下塗り材は素材によって塗料を使い分ける必要があります。

今回の様に中、上塗りが日本ペイントのサーモアイの場合は下塗りに同じく、日本ペイントのサーモアイプライマーという2液の錆止め効果もある塗料を選択しなければいけません。
使用時の注意点は2液タイプは主剤+硬化剤で構成されているので目分量で混ぜずにはかりを使って決められた割合で混ぜます。

少しでも量を間違えると、硬化不良などの施工不良を起こします。また希釈も多すぎると塗膜のひけや性能を十分に発揮する事が出来ません。

錆止めには1液と2液タイプがあります。

塗装する際、細かい部分やローラーの入らない部分は予め刷毛で塗装し大きい面はローラーで塗装していきますが、厚すぎる部分や薄すぎる部分がない様に均等に塗装しなければいけません。

中塗り塗装

使用した塗料は日本ペイントのサーモアイシリコンになります。

太陽の光を反射する効果のある遮熱塗料なので、夏場に屋根に溜まる熱を抑えることができます。
2液の塗料になりますので硬化剤の割合や希釈を正確に行いしっかりと攪拌をしてから塗っていきます。

下塗り同様に薄くなりずぎたり厚くなりすぎない様に塗装をしなければなりません。

決められた塗布量を守ることで塗膜性能を発揮できます。

上塗り塗装

中塗りと同じ塗料を使用します。

仕上げ塗りになるので中塗り以上に最新の注意を払いながら塗装します。
液ダレやムラにならない様に確認しながら塗装をします。

季節によっては天候や気温に注意しながら塗装をします。

夜露の影響で乾燥していていない状態で水分と結合すると塗料がはじいてしまった状態で硬化すると塗装後に不具合を起こす可能性が高くなるためです。

施工後

施工前と違い新築同様に生まれ変わりました。

建物は美観も大切ですが、いかに建物を長期間にわたり保護できるかが重要になってきます。

維持管理をしないがために、雨漏りなどのトラブルに見舞われ、塗装費用よりも多く修繕費用がかかる事があります。

特に工場や店舗でそういったトラブルが起こった場合、修繕だけでなく、修繕中の休業や稼働の停止などによって売り上げの低下などもあることでしょう。
建物を維持管理する事はそういったトラブルを防ぐ為にも大切な役割を果たしています。

しろくまペイントの屋根塗装実績・一部紹介

現場名都道府県名施工内容
県職員宿舎 西長野長野県長野市屋根塗装
昭和職員宿舎長野県長野市屋根塗装
県町団地集会所長野県長野市屋根塗装
北信濃ふるさとの森文化公園昆虫館長野県中野市外壁塗装・防水塗装・屋根塗装
北部中学校長野県長野市屋根塗装
中御所保育園長野県長野市屋根塗装
朝陽公民館長野県長野市屋根塗装
吉田高校教員宿舎長野県長野市屋根塗装
屋代高校長野県千曲市屋根塗装
大豆島職業訓練校長野県長野市屋根塗装
中野市武道場長野県中野市屋根塗装
千曲市環境課長野県千曲市屋根塗装
豊野東小学校長野県長野市屋根塗装
小諸市営住宅長野県小諸市屋根塗装