部屋廻り

部屋廻りのバリアリフォーム
寝室は夜間の就寝時だけに使用をするのではなく、高齢者の方にとってゆっくりくつろぐための居室にもなります。
高齢者の方が今健康でも将来的に介護や介助を受けることも想定して、バリアリフォームをしておくことで、介護を受ける方も介護される方にも快適で安心の環境づくりを行うことができます。

”居室のバリアリフォーム”

寝室は夜間の就寝時に使われるだけではなく、高齢者にとってゆっくりくつろぐための居室にもなります。
今は健康でも、将来介護や介助を受ける事も想定して、バリアフリーリフォームを行うことで介護を受ける方も介護される方にも快適で安心の環境づくりを行うことが出来ます。

○.段差を無くす
寝室の出入り口や寝室内の段差をなくす。これはバリアリフォームの基本になりますが寝室も同様になります。

○.手すりの取付
寝室の出入り口やベッドからの立ち上がり、車いすからの移乗など、それぞれ必要な箇所に手すりを設置しましょう

○.介護ベッドの取替
ベッドの高さを調節や頭側・足側の高さを変えることができ、清拭、食事、着替えが楽になり、寝たきりを作らないためにも介護ベッドは重要になります。

○.介護リフトの設置
介護リフトは寝たきりにさせない装置になります。入浴やトイレの際に使用します。介護リフトの種類は天井走行タイプと床走行タイプがあります。

○.簡易シャワーの設置
押入れ等の収納を将来シャワー兼トイレに改造できるようあらかじめ配管工事をしておくことも必要です。

○.寝室の隣にトイレを設置
真夜中に寝ぼけ眼で階段を下りて階下のトイレへ。こんな危険なことはありません。また、階下へ行くことの億劫さが、トイレを我慢することにもつながりますので健康上もよくはありません。寝室と同じ階にトイレの設置や間取りにもよりますが寝室からトイレにドア一枚で移動できるようにするのが望ましいです。

○.ヒートショック対策
ヒートショックを避けるために、フロアを床暖房に変更することも検討してみてください。

○.広さの確保
介助が必要になった場合を想定して、介助者が動きやすく、本人の生活動作が楽に行えるような、ゆとりのある広さを確保しておきましょう。

○.リモコン操作できる明るい照明器具
ベッドから寝たままでも点灯・消灯出来るような配慮し、適正な照度を確保できるような照明選びが必要になります。

○.コンセントは少し多めに配置するようにする
家電等の配置を考えてコンセントを設置するようにする。ベッド廻りで使う器具を高い位置に設置しておけばより便利になります。

○.床は滑りにくくキズがつきにくいものにする
車いすの使用を考えてキズがつきにくいものにする。またお手入れが簡単なことも重要になります。

○.開閉が楽な引き戸で段差のない出入り口にする
開閉がしやすく、通行の邪魔にならない引き戸が望ましいです。その場合はレールで床に段差がつかないように注意する。

しろくまペイントお問合せはこちら