長野市アパートボルトキャップ取付工事

施工前

施工前
折半屋根を固定するボルトに使用されている金属はどうしても雨の影響で錆びやすいです。

錆によって水が浸入し雨漏りを誘発する原因につながるの対策をしました。
写真の通り、ボルト部分に錆を確認できます。

取付中

取付中
ボルトキャップ内にコーキングを詰めてボルトに差し込み接着させます。
そうする事で防水機能も得る事ができます。

取付後

取付後
ボルトキャップの取付でボルト自体の錆を防ぐ事ができます。

さび止め

さび止め
ボルト周りにも錆が出ているので錆の拡大を防ぐ為にも錆止めを塗装します。

塗装後

塗装後
さび止め後屋根用の塗料で塗装します。
キャップ自体がプラスチックで紫外線が当たり続けると劣化してしまうので上から塗装して、紫外線からの劣化を防ぎます。

使用材料

使用材料
今回使用したボルトキャップです。
ボルトの幅と屋根の色に合ったキャップを選ぶ事ができます。

まとめ

折半屋根は主に施設や工場・倉庫で使用されることの多い種類です。

屋根部分もそうですがボルト部分の劣化は特に重要で上記に書いたように雨漏りを誘発します。
雨漏りで建物内の物に被害がでる可能性も考えられます。そのような被害が起こっている場合には早急な対策が必要です。

ボルトキャップの取付と塗装工事で建物の維持をしなければなりません。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 多目的な塗装におススメ、セラマックス3兄弟

  2. 昔の塗装シリーズ!その3・団地の屋根塗装工事

  3. 劣化が目立つ網戸をこの時期に張替える理由

  4. 屋根の塗装で快適性がアップ?

  5. 優れた性能でありながら、コストが安いシリコンフレックスⅡ

  6. 自然に調和する人工芝『ブルズターフ』でメンテナンスフリーのお庭作り

    自然に調和する人工芝『ブルズターフ』でメンテナンスフリーのお庭作り