企業さま向け塗装&リフォーム

企業さま向け塗装&リフォーム企業用リフォーム
お手伝い
伸和コントロールシステム施工後しろくまペイントでは企業様向けの塗装やリフォームも手掛けています。一般建築塗装はじめ遮熱塗装、断熱塗装、防水塗装、塗床工事を行っています。
またリフォーム分野では、内装技能士・大工が在籍、カーペット張り、フローリング張り、クロス張り、パーテション工事などをおこなっています。工場をはじめ、オフィス、宿舎、テナント、店舗などに実績があります。
名称未設定-4
プラントへの工事
プラントにサビなどがでてきはじめていました。しろくまペイントで塗り替えを行いました
栄村 003
栄村 025
ホテルさまのビアガーデンです。毎年屋根に藁を敷き詰めていましたが、藁が腐ってきてしまうため、屋根材を敷き詰めました。
店舗屋根施工前
店舗屋根施工後
事務所をリニュアールしたいとのことでした。
壁や扉にはダイノックシートによって化粧貼りをしました。
また床には二重床+タイルカーペットにて仕上げを行いました
ダイノックシート施工前
ダイノックシート施工後
OAフロア施工前③
OAフロア施工後③
オフィスのテナントをダンススタジオへと改修しました
東竹ビル2階テナント改修工事_72
東竹ビル2階テナント改修工事_117
夏場の暑さ対策として病院への断熱フィルム工事を行いました
伊那中央病院フィルム施工中
伊那中央病院フィルム施工後
店舗キッチンの塗床工事を行いました
国界_6498_0
国界_7074_0
環境対策(リサイクル)使用OAフロア+タイルカーペット張り
OAフロア施工前
OAフロア施工後
省エネルギーに貢献するを塗料を検討してみては
1134746工場の例をあげれば、暑さを和らげ省エネを行いたいとのことで断熱塗装を採用されることが多くあります。工場や倉庫にとって特に夏場の暑さは光熱費の増加以外にも特有の問題があります。例えば、気温が上昇すれば中で働く従業員も暑さで作業に集中することが出来ず、作業効率も低下します。その結果、生産性が落ち、その損害は大きなものとなります。塗装後に暑さが和らいだと、作業に集中できるくらいの温度になったとの声をいただきました。また千曲市役所の環境部事務所の例では、プレハブ的な造りで暑さに困っていました。そこで断熱塗装及びガラスへの断熱コートを行うことになりました。この役所では、エアコンの設定温度が28度となっており、塗装する前にはエアコンがずっと稼働していたそうですが、施工後には定期的に止まるだけでなく冷房の利きも良くなったとの声をいただきました。夏場の日射から起こる、大量の排熱やコンクリートへの蓄熱はヒートアイランド現象の一因ともいわれています。工場や事務所・倉庫への遮断熱塗装は優れた効果をもたらすことができます。外気の侵入を防いだり、冷暖房にかかる電気代のカットが可能になります。省エネによるコスト削減ができ、工場・事務所・倉庫などの規模が大きくなればなるほどに省エネやコスト削減の効果も大きくなります。現在では企業が社会的責任として環境負荷への低減対策を行うことが必要な時代になっています。塗り替え時期になっている施設に対し断熱・遮熱塗料を採用を検討してみてはいかがでしょうか?
《温度変化シュミュレーションなどの提案事例》

提案事例1 景観を損なわず、窓ガラスからの暑さを和らげたいとの要望、酷似する2つの空間を施工、未施工とし仕上り確認及び温度体感を行う、温度実測データーを作成・提案 提案資料 提案事例1
提案事例2 窓ガラスフィルムによる省エネと飛散防止のご提案
(業務提携企業様にお出しした資料のため、全体は掲載できないことをご了承ください)
提案資料 提案事例2
提案事例3 塗り替えを希望するお客様に、省エネタイプの物を告知、省エネ塗装をした場合の温度変化シュミュレーションを作成・提案 提案資料提案事例4

内装リフォームもまずはご相談ください
店舗施工後しろくまペイントでは他にも塗床工事やガラスからの眩しさを和らげるフィルム、オフィスの配線を床下に収納することができるようになる二重床(oaフロア)工事、間仕切り(パーテション)工事、カーペット張り工事などの内装工事もおこなっています
床仕上げ材として塗床をする理由は、床下地のコンクリートの保護をすることです用途に応じた床強度が求められる物流倉庫や衛生面で床の管理が重要となる食品工場があげられます。
企業様向けリフォーム
しろくまペイントお問合せはこちら