しろくまペイント×雨水タンクで省エネのご案内

雨水タンクを使って省エネしましょう.

雨水タンクを使って省エネしましょう

雨水タンクを使って省エネ

省エネや防災としての観点から今、雨水貯水タンクの需要が高まっています。

家庭菜園やガーデニング、庭の水道から水を出していると思います。

省エネの観点から今、雨水貯水タンクの需要が高まっています。
設置方法としては既存の縦樋の一部かと雨水タンクをジョイントします。

雨水タンク、さまざまな場面で活躍しています

雨水タンクを使って省エネ2

雨水タンクは省エネだけでなく防災の面からも優れた商品になります。

雨が降った時に今までならそのまま下水に流れていたものが雨水タンクを設置したことでタンクの容量で変わりますがそこに水が貯水される形になります。

そうすることで家庭菜園やガーデニングの水やりに使用できるので水道代や下水料金を節約することができます。

その他でも集中豪雨が起こった際にも雨水流出の抑制につながります。また自然災害時の断水対策にも役に立つのです。
省エネだけでなく防災の面からも優れた商品になります。

雨水タンクの構造と水の取り入れ方

雨水タンクに蛇口があれば使う水の量も調節できるので効率よく使用できます。

雨水貯水タンクに蛇口があれば使う水の量も調節できるので効率よく使用できます。

雨水タンクは名前の通り雨水を集める容器です。
雨水タンクに効率よく雨水を集めるには二つの方法があります。

一つ目が屋根の横に取り付けてある雨樋を加工して取り付ける方法です。地面と平行に流れていく部分の端に、集水器か取水器といわれるパーツを取付けて雨水タンクに誘導する方法です。
もう一つはその先の雨樋が縦になった部分を加工する方法です。途中に集水器を取付けて雨水を取り入れます。

また、雨水タンクを使用するうえで重要なのが水を取り入れる給水口と容量がいっぱいになった時の排出口、給水した水を効率よく利用する蛇口です。
蛇口があれば使う水の量も調節できるので効率よく使用できます。

雨水タンクの種類

雨水タンクは用途や容量によって様々な素材のものを選択できます。

雨水タンクは用途や容量によって様々な素材のものを選択できます。

雨水タンクは用途や容量によって様々な素材のものを選択できます。

一番多い物がポリエチレンですがオシャレな素材としてウイスキーの樽を使用したものサビなどに強いステンレス製の雨水タンクが販売されています。

雨水タンクの利用方法

雨水タンクを上手に活用することで水道代を節約することができます。

雨水タンクを上手に活用することで水道代を節約することができます。

雨水タンクを上手に活用することで水道代を節約することができます。

☑ 花や家庭菜園への散水
☑ 夏場には打ち水に利用できる
☑ 車の洗車
☑ 震災などの非常時での断水時に生活用水として利用

価格帯

雨どいに直接繋ぐものもあります

雨どいに直接接続します

容量や素材によって大きく変わってきます。
安い物では一万円位から購入することができますが、高い物になると十万円近いものまで販売されています。

その他に雨樋と直接接続する工事が必要になるので商品の種類によっては十万円を越えてしまう事もあります

関連記事

  1. 電気代節電!? 室外機断熱塗装でエコな生活

    電気代節約塗装で節電!? 室外機断熱塗装でエコな生活

  2. 屋根の塗装で快適性がアップ?

  3. 毎日掃除しているのに埃がでる?家具などにたまった埃が原因かもしれません

  4. 自然に調和する人工芝『ブルズターフ』でメンテナンスフリーのお庭作り

    自然に調和する人工芝『ブルズターフ』でメンテナンスフリーのお庭作り

  5. 冬の終わりや冬前に点検しておきたい住まいの設備”給湯器編”

    冬の終わりや冬前に点検しておきたい住まいの設備”給湯器編”

  6. 冬の終わりや、冬前に点検しておきたい住まいの設備

    冬の終わりや、冬前に点検しておきたい住まいの設備