不健康住宅の特徴-このままだと体に悪いかも!?

不健康住宅の特徴-このままだと体に悪いかも!?

■ お家の空気が悪いと感じていませんか?

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。

ところで、こんなことありませんか!?

「家に帰ったら中の空気がモヤっとする。」
「毎年決まった時期に結露やカビが出てくる。」

それって実はあなたのお家が不健康住宅になっているサインかもしれません。

 ”断熱・気密・換気!室内環境にとって大切なんです”

不健康住宅には断熱・気密・換気の3つの要素が関係していて、本来なら、それぞれが大切な役割を担っています。
そこで今回はこの3つの要素の重要性と役割についてご紹介します。

☑ 断熱って想像以上にかかせないもの


断熱は屋内の気温が外の気温の影響をなるべく受けないように対策することです。

よって、夏だけでなく、冬も快適に過ごすのに必要不可欠です。
暑すぎるし、寒すぎるという現象が起きてしまい、一年中暮らしにくい状態になります。

また、暑さ、寒さを補うため、クーラーの温度を下げたり、暖房の効きを強くしたり、省エネとは程遠い家となってしまいます。

☑ 案外知らない方が多い気密って?


「気密を高める。」とは部屋の空気をある程度逃がさず、貯めるということです。
よって断熱の効果を高めると気密が高まります。

また換気にもつながっていくので気密は三つの中で柱のような存在です。
逆に気密が低いと、冷えた壁に入り込んだ水蒸気が原因で、結露やカビの原因になってしまいます。

☑ 換気は一番身近一番効果がわかりやすい


気密性を高めると換気につながるのはなぜだと思いますか?

実は気密を高めなければ、人は空気を入れ替えようと動きません。
気密を高めることで、嫌な臭いや体に悪い臭いに人は気づきやすくなり換気をするのです。

換気は良い空気をと悪い空気の入れ替えに欠かせませんよね。
タバコだけでなく、衣類の繊維も体に入ると悪いので、すべてのお家で換気は大切です。

いかがでしたか。

不健康住宅の代表する3つの要因である断熱・気密・換気の重要性と関係をお分かりいただけたでしょう。
この3つのどれか1つでも欠けてしまったら、不健康住宅の手前まで来ていると認識しましょう。あなたのお家が健康住宅になるよう、ぜひ、1つ1つ確かめていってくださいね。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 将来を見据えた間取りの考え方

  2. カーペットの製法ごとの分類

  3. よりよい睡眠をとることができる部屋の条件!?

  4. 換気には、自然換気と機械換気があります!

  5. ベランダの光の反射が気になる!!自分でできる対策、方法とは

  6. どうやって選べばよいの火災警報器?