玄関廻り

玄関廻りのバリアリフォーム
玄関での転倒原因はつまづきでなく、すべる、バランスを崩す、踏み外すとなっており、靴を脱いだり履いたりする時にバランスを崩して転倒する事故が発生したり、玄関マットを敷いている場合は滑ったり、つまづいたりする恐れがあります。
高い上がり框には手すりや段差解消機を設置し、靴の着脱には椅子を1つ置くようにする、玄関マットには裏面に滑り止めをするようにして事故の発生を防ぐようにします。
事故事例…自宅玄関の小さな段差につまづき、お尻から転倒

“手すりの設置について”
介護用手すりは、大きく分けて2種類になります。歩行を安定させる歩行補助手すりと、起き上がったり体を支えたりするために様々な場所に設置される動作補助手すりになります。
歩行補助手すりは手を滑らせたり握ったりするので、握りやすい太さが求められます。
そして屋内外の階段などに、滑らかに連続して設置されます。標準では床から75~80センチの高さですが、本人が使いやすい高さに微調整することで安定感が増します。
動作補助手すりは浴槽、トイレ、玄関、ドア、引戸、洗面台、寝室など生活上で必要な箇所に応じて設置します。
I型手すり、L型手すり、背もたれ付き手すり、横手すり、洗面台用手すり、小便器用手すりなどが挙げられます。
実際に生活する方の意見を良く取り入れて設置して下さい。
また介護用の専用手すりを使用せず、単純に壁に取り付けるだけだと強度が不足します、屋外だとすぐに劣化するので大事故に繋がる恐れがあります。
介護用手すりは、取付場所、使用方法や使用者の体格によって手すりの取付方法は違ってきます。
例えば、段差のある場所や扉の開閉などで体を支えたいときや座った態勢からの立ち上がりのときには縦手すりの方が力を入れやすいですし、逆に水平移動する場所や姿勢を保持する場所には横手すりを使用します。
一番重要なのは使用する人の手の動きになりますので、手すりを取り付ける前に普段の動きをしっかりと確認し、必要な形状でつける事が重要です。
手すりの太さや形状は木製手すり、ステンレス手すりなど素材は色々とあります。取り付ける場所や雰囲気に合わせて選択することが大切になります。
浴室やトイレなど、水廻りで使用する手すりはしっかりと握ることのできるやや細めで32ミリ程度の太さがいいですし廊下の水平手すりなどの手を滑らせて使用する場所では、やや太めの35ミリ程度が使いやすい太さになります。
外部に取り付ける手すりは、雨や気候の変化に耐えられる素材でなければなりません。主にステンレス製の手すりが主流になっていますが夏は熱く、冬は冷たくなり持ちにくくなるのでステンレスパイプに樹脂コーティングがされている手すりがいいと思います。
この手すりは温度変化を受けにくく、雨に濡れても滑りにくくなります。部材を組み合わせて自由な形に作ることができるので、もちろん利用者に合わせた手すりを作ることが可能になります。

しろくまペイントお問合せはこちら