長野市近郊の雨どい(雨樋)工事お任せください。

雨どい修繕・交換

目次

雨どい(雨樋)の役割

■ 雨どいについてのさまざまなこと書いてます

雨どいのようす

雨どいの役割について

雨どい(雨樋)は屋根に降り注いだ雨水を集めて流す設備です。丸どいや角どい特殊な形のものがあり、デザインや地域の気候などに合わせて採用されます。

当記事をご覧いただきまして、ありがとうございます。
当記事では雨どい(雨樋)の劣化症状をはじめ・修繕費用・お客様の費用負担0円での雨どい(雨樋)修繕工事の方法について知ることができます。

もし雨どい(雨樋)に気になる箇所がありましたら、ご参考にしていただければと思います。

雨どい(雨樋)が劣化していると

雨どいが劣化しているようす

道路沿い長野市にある住宅でした。施工前の雨どい(雨樋)劣化のようすです。ところどころ同様な状態が見受けられました。屋根勾配がきついため、大雨の際には雨が雨どい(雨樋)を飛び越え道路側に飛び散っているとのことでした。雨どい(雨樋)を交換する工事を行いました

あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで~

長野の地域密着塗装店しろくまペイントです。
ブログをご覧いただきありがとう御座います。

猛暑日と言われてる日が続きますが、熱中症には十分にお気を付けくださいませ!

雨どいが劣化するとどのような被害をもたらすのか

台風と大雨・強風

強風・大雨のイメージです(時として大雨は、滝のような勢いで建物に降りかかります

まずは、雨どい(雨樋)の点検の必要性と雨どい(雨樋)が劣化すると、建築物にどのような影響をもたらすのかを書いていきたいと思います。

台風や強風+大雨が降っても、お家の雨どい(雨樋)は大丈夫でしょうか?

台風をはじめとして、夕立、ゲリラ豪雨による強風+大雨は、住宅にダメージを与える危険性があります。

雨から住宅を守っている雨どい(雨樋)は屋根などに降りかかった雨を集めて排出することで、雨水の侵入を防ぐという大切な役割を担っています。
もし、雨どいがなければ雨水が外壁に直接伝わってしまい、外壁から内部へと雨水を浸入させてしまう恐れがあるのです。

雨どいが正常に働いているか、点検を行う必要があります

雨どいメンテナンス

住宅の雨どい(雨樋)が汚れているようす(上田市のお客さま)角樋のデザイン性が気に入られていました。私も家とあっていて良いデザインの雨どい(雨樋)だと思いました。

大切な役割をもつ雨どい(雨樋)ですが、定期的に点検を行っていますか?

日ごろから、お家を気にしているつもりでも、なかなか雨どい(雨樋)の状況まで把握することは難しいと思います。
雨どい(雨樋)を気にせず、そのまま何年もたっていることがあると思います。

私たちも、このような職種でなければ雨どい(雨樋)のメンテナンスを行っていなかったかもしれません。
しかし、前述したように雨どい(雨樋)は雨水を排出するために、重要な役割を担っていることから状況の把握は大切な行為です。

雨どい劣化状況

雨どい(雨樋)劣化の状況です。木が多い場所なので葉っぱが舞い散っているのでしょう。雨どい(雨樋)が葉っぱでいっぱいになっていました。右の写真では雪害による変形が見られ、雨どい(雨樋)の役割が果たせなくなっていました。

なぜなら、落ち葉が多くでる環境や、砂ぼこりが舞うような環境では、雨どい(雨樋)が詰まっているケースが見受けられるからです。

また、雪の降る地域では雪の重みなどで雨どい(雨樋)が変形してしまうこともあります。
このような状態では詰まりや変形から、雨どい(雨樋)を痛めるだけでなく、適切に雨水が排出できなくなり、雨漏りの原因になります。

日常の状況把握やメンテナンスはお家を守るためにも必要不可欠なのです。
次の章では、雨どい(雨樋)劣化の要因について書いていきます。

雨どい(雨樋)劣化の要因と部分修繕価格目安

雨どい劣化のようす2

雨どい(雨樋)がひどく痛んでしまっているよう

雨どい(雨樋)が劣化する要因は次の通りです。

雨どい劣化要因1(ごみ・落ち葉)

ごみ及び落ち葉砂ぼこりによって雨どい(雨樋)が詰まることで劣化に繋がっていきます。1

砂埃・落ち葉

清掃を行っていれば問題ないのですが詰まりによって雨水の流れを阻害、部分的な負荷によってさらなる損傷をもたらします。

雨どい清掃価格出張料+1,000円~

※雨どいを清掃する広さによって価格が異なります。

雨どい劣化要因2(接着の弱まり)

雨どい(雨樋)のジョイント部の接着が弱まり隙間ができている。

雨どい経年劣化

経年劣化により、ジョイント部分に隙間ができてしまっていることで、雨水の適切な処理に影響を及ぼします。

※雨どいに接着不良が起きジョイント部分が痛んでしまっている場合の修繕費用は大まかに以下の通りとなります。

価格目安 5,000円~30,000円/1箇所

雨どい劣化要因3(勾配不良)

雨どい(雨樋)の流れに必要な水勾配が適切でない。

雨どい水勾配不良

雨どい(雨樋)に必要な水勾配が適切でないため、雨水が適切な処理できません。

※本体が痛んでなく、支持金具の修繕などで直せる場合では価格が安く済みますが全体の修繕が必要な場合には修繕費用が高くなります。

価格目安 10,000円~/1箇所

雨どい劣化要因4(経年劣化)

雨どい(雨樋)が経年劣化によりサビや、破損見られる。

雨どい経年劣化による錆・破損

経年劣化により、穴が開いたり変形してしまっていることで、雨水の適切な処理に影響を及ぼします。

早期に対処した場合にコストを抑えることができるので、サビなど劣化の症状が見受けられた場合には業者に相談しましょう。

価格目安 20,000円~/1箇所

雨どい劣化要因5(自然災害)

雹・雪などによる被害によって雨どい(雨樋)が損傷している。

雪・雹

雹・雪などの自然災害によって、雨どい(雨樋)が変形・損傷・雨水の適切な処理に影響を及ぼします。

価格目安 20,000円~/1箇所

雨どい(雨樋)の取り付け位置には注意が必要です。

雨どいのピッチと雨勾配のようす

左の写真は屋根の勾配です、傾斜があるものです。右の写真は雨どい取り付けのようすです。支持金具のピッチがご覧いただけます

軒とい(軒樋)の取り付けには、雨水がとい(樋)を飛び超えないように設置することが必要となります。

屋根の勾配が急になればなるほど雨水のスピードが速くなり、とい(樋)から飛び出す可能性があります。
また、降雪地域では、雪の重みや落雪によって雨どい(雨樋)を痛めたり変形させたりします、そのために設置する場所や支持金具のピッチ(間隔)には注意が必要です。(実際雪害により変形した雨どいが、このページ内の写真でご覧いただけ ます)

山沿いや別荘地など樹木が多い所では落葉対策部材の採用をおススメします。

落葉ネット

※出展パナソニック

樹木の葉が雨どい(雨樋)に入り込むと雨どいを詰まらせる原因となります。

前述したように雨水がスムーズに排出されないことで外壁の汚れを引き起こしたり雨漏りなどの原因になるなど不具合が起こります。
落葉を雨どい(雨樋)に入らないようにする落葉避けの部材があります。
山沿いの地域や別荘地など、落葉の多い所では落葉除けを設置することをおススメします。

降雪量の多い地域では雨どい(雨樋)の雨水排出能力を考慮する必要があります

屋根の勾配

当然ですが屋根によって面積や勾配が異なります

雨どい(雨樋)には排出能力が設定されています。適応屋根面積値を参考にしたうえ地域の降水量に基づいて(余力を考慮)雨どい(雨樋)を設置する必要があります。

長野県地域別の降水量について

長野県における各地の降水量(mm)です、尚雨の多い月を目安にしました(7月)

合計1時間10分間
開田高原284.070.026.09.0
鬼無里139.040.59.04.5
軽井沢135.531.027.015.0
小谷167.066.516.05.5
松本135.531.027.015.0
信濃町99.048.013.54.5
諏訪138.531.510.55.5
菅平121.518.013.09.0
大町132.540.015.55.0
長野市106.026.58.54.0
白馬181.552.59.53.0
飯山市95.036.513.54.5
飯田345.574.518.05.0
野沢温泉村114.033.512.03.5

雨どい(雨樋)のメンテナンス方法

雨どいメンテナンス

雨どい(雨樋)を掃除しているようすです。雨どい(雨樋)のうえからブロアという機械を用いて木の葉や汚れを庭に落としていきます。

雨どい(雨樋)は地上から3m位の場所にあるので、脚立に上って掃除をすると思います。くれぐれも安全に気をつけください。

雨どい(雨樋)の集水器の中にゴミが詰まる事がよくありますが、手で取ろうとすると、手が汚れたり思わぬ怪我を負う事も考えられます
管の内部は手が届かないので掃除をするには不自由だと思います。

そんな時はタオルと針金を用意して雨どい(雨樋)のサイズに合わせてタオルを丸め込みます。
その後針金を巻いてから管の内側に落とし込んで反対側から針金を引っ張る方法で管の内部をキレイにする掃除方法があります。

自分で行う際はその方法が一番ではないかと思います。

雨どいの自然被害による保険適応について

雨どい保険申請

雨どい修繕のお手伝い致します。雨どい担当をさせていただいている私が伺わせていただきます

長野市を中心とした近隣市町村でやはり多いのが天災による雨樋の被害です。

お客様自身も冬の間はほとんど気づかれません。冬が終わり春になり、雨が降った時に気づくお客様がとても多いです。
雨樋が破損していることで雨が落ちる時の音がとてもうるさいといった事や雨が降った後になぜか外壁が汚れているとの日ごろとの違いに気づき雨樋の破損を知ったというケースが多いです。
ここでお客様に知っていただきたい大切な事柄があります。

保険の適応についてです。

お客様のほとんどが、雨どい破損・損傷に対する修理に費用がかかってしまう物だと思われています
お客様がお家を守るために加入している火災保険(中には対応できないものもあります保険内容を確認する必要があります)を上手に活用すれば負担0円にて修繕できる可能があります。

あくまでも自然災害によるものが対象です。
事実、自然災害によっての損傷と思われるものについて8割、申請を行い修繕に至っています。

雨どいの重要性を認識されたお客さまからのご依頼

雨どいの汚れと劣化

雨どい(雨樋)の経年劣化と損傷のようす

ご存知の様に雨どい(雨樋)は屋根の雨水を集め地上に流す役割がありますが経年劣化や樋にたまったゴミ等を放置したままにすると雨どい(雨樋)の破損や建物の劣化や腐食を早める原因にもなります。

先日、中野市のお客様のお宅にトヨ雨どい(雨樋)調査にお伺いしました。
そのお宅は、今年初めの大雪によって雨どい(雨樋)が破損してしまい、その後に振った雨によって雨どい(雨樋)が壊れていることに気づかれたようです。

雨どい劣化

上記の写真が雨どい(雨樋)のようすです、雪の重みで変形し勾配に影響を与えています

早速、台風の大雨は大丈夫だったかお尋ねしたところ、破損しているためかそのまま地面に雨が落ちるとおっしゃっていました。

雨が普段かからない場所に飛び散ることで(地面に直接落ちる)砂を巻き込んで跳ね返り、外壁に汚れが染みついてしまったそうです。
お客様は雨どい(雨樋)の重要性を再認識されたようで、梅雨や台風シーズンに入る前に雨どい(雨樋)を修繕されたいと言っていました。

長野市雨どい修繕

長野市・安茂里のお客さま宅です。住宅の内装リフォームを行った際・雨どい(雨樋)の変形が見られたため修繕を行いました。雨どい(雨樋)修繕のようす


雪害によって保険が適応になる可能性があるため、火災保険申請のお手伝いをさせていただきました
。無事保険が適応されました。

雨どい交換にかかる費用

雨どいを修繕するための費用

【※雨どい(雨樋)を修繕するための費用は足場や撤去費用とさまざまです】

お家の雨どい(雨樋)の交換や修理を業者に依頼する際に気をつけなければならないポイントは、交換をしなければならないのか部分的な修理で直すことができるのかという点です。

雨どい(雨樋)の寿命は立地等によって変わってきますが20年を経過した頃から交換時期だと言われています。

物理的な事で破損をしてしまった場合は交換が必要ですが、経年劣化の場合は定期的に塗装工事の際に雨樋も塗装することで寿命が延びる場合もあります。施工費用にはどのようなものが含まれるのか施工費用には大きく分けると次のような物が含まれます。

足場仮設費

足場設置費

状況によっては足場を全体にかける必要があります

雨どい(雨樋)は高い場所に設置されています。そのため安全かつ作業効率を上げるため、とい(樋)を固定する金属が屋根の上からでは交換ができないからです。

もし、足場を設置せずに施工ができるといっている業者で足場に変わる代替案がない場合は注意してください。

材料費

雨どい材料

弊社で雨どい(雨樋)交換をさせていただいた会社様です。会社様のように広い建物の場合、足場と高所作業車を併用することで作業効率を上げコストを抑えることができます。

雨樋を全体的に交換する前提の話になります。

樋(とい)・樋を支える支持金物・立樋(たてどい)と樋をつなぐエルボ・雨水を一カ所に集める集水器・立樋があります。

エルボ・集水器はそこまで費用が変わることがありませんが、樋には丸樋(まるどい)と角樋(かくどい)があり丸樋よりも角樋の方が費用がかかります。

樋を支える支持金物ですが、支持金物を取付ける時にはピッチ(間隔)あります。
一般的には90cmごとに1本ずつ取り付けられていますが、長野県のような雪国の場合は30~60cm間隔で入っていることが多いです。

間隔が狭くなればその分支持金物の数を多く使うので費用がかかってしまうのです。

撤去費用

撤去処分費

雨どい(雨樋)を撤去した後には、処分費が発生します

もともと取り付けられている雨どい(雨樋)や支持金物は再利用することができません。業者さんが撤去したものは産業廃棄物として処分をするのでその費用になります。

諸経費

安全管理及び交通費などの諸経費

施工を行う際、交通費や安全管理費・現場管理費などの諸経費がかかります

これは施工にかかる書類作成代や現場までの交通費・現場での安全管理費が含まれています。

【※施工を行う際、交通費や安全管理費・現場管理費などの諸経費がかかります】

雨どい全体の交換工事・価格目安

雨どいに不具合が見られたら早めに対処しましょう

雨どいに不具合が見られたら早めに対処しましょう

雨どい全体の工事は足場や高所作業などの設備が必要となります。

また工期も長くなるなど、放置することで小規模の修繕では対応できなくなってしまいます。
結果として高額になるケースが!早め早めの処置を行いましょう。

雨どい全体の交換工事価格目安 200,000円~600,000円

雨どいの損傷が台風はじめ雪や雹などの自然災害だった場合・保険が適応される可能性があります。

保険対応の可能性
上記図は、火災保険が適応された事例です。
しろくまペイントでは外溝や内装の損傷が自然災害によるものと想定される場合、保険申請のお手伝いをしています。

雨どい(雨樋)交換をする際の注意点

雨どいを交換する際の注意点

雨どいを交換する際の注意点です

上記にも書きましたが交換なのか部分的な修理なのかを判断する事が1番でこれによって費用が大きく変わります。

その他には取り付けられている雨どい(雨樋)によっては廃盤になっていて販売されていないものもあります。
全体的に交換するのであれば問題はありませんが、部分的に修理をするときはどのように修理を行うのか、修理をした時に不具合が起こらないか等をしっかりと確認する事が必要です。

雨どい(雨樋)修繕お任せください

雪や雹に被害の場合、保険が適応される可能性があります

前述したように雪や雹で雨どい(雨樋)が痛んだ場合には火災保険が適応される場合があります

ブログを読んでいただけたお客様のお宅は大丈夫ですか?

少しでも気になった場合は早めの診断をお勧めします。

先程も書きましたが梅雨前・夕立シーズンに入る前に修繕することがお家のために大切です。
しろくまペイントではそんな困っているお客様のサポートをしています。

被害が雪害や雹害などであった場合には保険が適応される可能性があります。
しろくまペイントには、保険対応などの修繕実績が数多くあります。お客様の雨どい(雨樋)しっかりと修繕させていただきます。
詳しくは雨どい(雨樋)のページをご覧ください。

長野市雨どい修繕2

雨どい修繕のようす

雨どい工事の流れ

雨どい交換工事の流れ

雨どい交換工事の流れ

雨樋交換工事の流れ

雨どい(雨樋)に変形や損傷が見受けられたため、雨どい修繕工事を行いました。

雨どい(雨樋)を交換するにあたり、足場の設置が必要であるのか?高所作業車で作業を行えるのかを検討します。

雨樋修繕工事2

雨どい(雨樋)が変形しているようすが確認できます。雪の重みによって、ここまで変形してしまうのです。

足場設置後、雨どい(雨樋)と支持金具を撤去していきます

雨樋修繕工事3

雨どい(雨樋)撤去後のようすです。

雨どい(雨樋)の撤去が終わりました。雨の勾配を付けていくためにレベル出しを行っていきます。

雨樋修繕工事4

新規の雨どい(雨樋)を取り付けていくための段取りを行っています

新規の雨どい(雨樋)を取り付けていくために支持金具を新たに設置していきます。

雨樋修繕工事5

雨どい(雨樋)工事完了です

雨どい(雨樋)工事完了しました。雨どい工事のビフォー・アフターです。

雨どい保険適応で実質負担0円事例

雨どい(雨樋)変形のようす

雨どい(雨樋)変形のようす

雨どい(雨樋)変形のようすです。雪の重みによって雨どいが開いてしまっています。支持金具にも変形が見られるはずです。
次のような状態なら保険が適応される場合があります。下記で実際の工事内容がご確認できます。

中野市Yさま邸雨どい修繕工事

雨どい1

場所中野市七瀬
状況軒樋・外傾下がり・吊り金具変形(丸どいが外に傾き吊り金具が下がって排水不良を起こしていた)
施工範囲総二階 雨どい・全面、雪止めアングル取り付け・足場
価格約36万円⇒保険適応お客様負担0円

長野市Yさま邸雨どい修繕工事

雨どい2

場所長野市神楽橋
状況軒樋・外傾下がり・吊り金具変形(丸どいが外に傾き吊り金具が下がって排水不良を起こしていた)
施工範囲二階建て 雨どい・全面・足場
価格約41万円⇒保険適応お客様負担0円

長野市Aさま邸雨どい修繕工事

雨どい3

場所長野市安茂里
状況軒樋・外傾下がり・吊り金具変形(丸どいが外に傾き吊り金具が下がって排水不良を起こしていた)
施工範囲一階建て 雨どい・全面・足場
価格約38万円⇒保険適応お客様負担0円

高山村Yさま邸雨どい修繕工事

雨どい4

場所長野県上高井郡高山村
状況軒樋・外傾変形
施工範囲総二階 雨どい部分交換・足場
価格約29万円⇒保険適応お客様負担0円

須坂市M製作所さま邸雨どい修繕工事

amadoi5

場所長野県須坂市
状況軒樋・外傾下がり・破損・吊り金具変形(丸どいが外に傾き吊り金具が下がって排水不良を起こしていた)
施工範囲一階建て 雨どい、ほぼ全面・足場
価格約48万円⇒保険適応お客様負担0円

その他の保険対応事例

123
■ 長野市川中島
■ 角樋が外に傾き吊り金具が外れ下がって排水不良
■ 金具・角樋交換
■ 長野市川中島
■ 雪止めアングル欠落
■ 金具付け替え・アングル取り付け
■ 長野市川中島
■ サンルーム天井割れ
■ ポリカ製の天井割れ部分交換
456
■ 長野市松代
■ 軒樋支え金物抜け・角樋変形
■ 角樋・支え金物交換
■ 長野市川中島
■ 集水器破損・縦樋外れ
■ 軒樋破損部分交換
■ 長野市川中島
■ 集水器破損・縦樋外れ
■ 軒樋破損部分交換
789
■ 千曲市上山田
■ 集水器・縦樋落下
■ 破損部材交換取り付け
■ 松本市
■ 軒樋外への開き・下がり
■ 集水器・縦樋破損部分交換
■ 千曲市稲荷山
■ 軒樋外への開き・下がり
■ 鋼製部材交換
101112
■ 長野市川中島
■ 集水器・縦樋破損
■ 破損部材交換取り付け
■ 千曲市上山田
■ 軒樋開き・捻じれ・瓦ずれ
■ 破損部材交換・瓦直し
■ 千曲市上山田
■ 軒樋開き・外傾・下がり
■ 破損部材交換取り付け
131415
■ 長野市松代
■ 軒樋開き・外傾・下がり
■ 破損部材交換取り付け
■ 東筑摩郡筑北
■ 白ガス管曲がり・金具抜け
■ 吊り金具・白ガス管復旧
■ 東筑摩郡筑北
■ 雪止めアングル曲がり
■ 塗装とアングル交換
171819
■ 長野市川中島
■ 軒樋開き・外傾・下がり
■ 丸どい・支持金物交換取り付け
■ 長野市川中島
■ 軒樋開き・外傾・下がり
■ 角樋・支持金物交換取り付け
■ 長野市篠ノ井
■ 軒樋開き・外傾・下がり
■ 角樋・支持金物交換取り付け

雨どい(雨樋)役割について・・雨どい(雨樋)は屋根の雨水を集めるために設置されています。雨が降ると屋根を伝わり雨どいへと流れて行きます。屋根の広い面積に降りかかる雨を排水する必要があります。雨どい(雨樋)は雨水を地上や下水に排水させる役目があります。雨どい(雨樋)についてあまり気にかけないことと思いますが、雨どい(雨樋)が破損していたり、折れ曲がっていたり、変形したいたりすると、雨水を適切に処理できなことに繋がり、その結果下の階の外壁や屋根などに直接大量の雨が降りかかることになります。雨水が直接かかることになると、地面への跳ね返りから近隣の住宅へと飛び跳ねる可能性もありますし、自宅の外壁へと跳ね返る場合もあります。実際にこのようなトラブルも起きてしまっているのです。各所に使われている建材はすべてが水から守られるようにはできていません。すべてに防水性能を付け加えるような加工をすれば、その建材をつくるコストは莫大なものとなり建設費用が高くなってしまうでしょう。そのため、雨水を集めスムーズに流れるように設計されているのです。雨どい(雨樋)のトラブルは建材を早期に痛めることに繋がります。また外壁にクラックやジョイント、隙間や破損などがあれば、雨水が建物の内部へと侵入してしまい、雨漏りの原因となってしまいます。定期的にお客様自身の目で雨どい(雨樋)を確認することをおススメします。雨どい(雨樋)交換・修繕については長野県の東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市です。雨どい(雨樋)の修繕・交換は雨の多い季節の前がよいでしょう。

関連記事

  1. 上田市事務所外壁塗装工事

  2. 洗濯物をお好みの位置で干すことがでる『室内用ホスクリーン昇降式』

  3. 簡単着脱と安心機能のベストセラー『室内用ホスクリーンスポット型』でスマートに室内干し

  4. あれば便利なカーポート

  5. 雪が住宅に与える影響『明けましておめでとうございます。』

  6. 雪から住まいを守る、ゆきもちくん