海の近くに住むときは塩害に注意が必要です

海の近くに住む時の事

海の近くに住むときは塩害に注意が必要です

海の近くに住むとき

建築物への塩害は塩分によって建築物や構造物に障害が生じることです。

我々が住んでいる長野県では海なし県なので問題ありませんが、沿岸部への移住を考えている方には切っても切れない問題になります。

内陸部での建物だと、紫外線や大気による汚れによる劣化で済みますが、沿岸部ですとさらに潮風があります。
その潮風によって金属製ならばサビが出るのが早く、外壁も通常より劣化するスピードが速くなります。

そのため建物には金属製の物を使用しない事が賢明です。

塩害とは

kazeno

塩害は風の向きや風の強さ、地域性や地形・建物の立地によっても影響をうけます。

塩分が原因で建築物や構造物にあたえる害の総称です。

塩害は海岸からの距離が大きな要因ですが、その他にも風の向きや風の強さ、地域性や地形・建物の立地にも影響をうけます。

塩害の症状

4fbe49857f1155f735aac466df5d1138_s

RC構造の場合、塩害によって鉄筋の劣化やコンクリートの剥離へと被害が拡大します。

鉄筋コンクリート構造物の塩害
塩分がコンクリート内部に入ると塩分中の塩化物イオンが鉄筋を腐食させ、膨張を起こします。

鉄筋が膨張するとコンクリートに引っ張る力が働くので、ひび割れが起こります。ひび割れ部分から水・酸素・二酸化炭素・塩化物イオンが入り込むので、鉄筋の劣化やコンクリートの剥離へと被害が拡大します。

建物等への塩害

eeb2a5853b90fd304948cd17109d433a_s

塩害は、さまざまな建物に影響を与えます。

住宅やビルなどの場合は海岸付近では金属製の構造物が塩害でサビを引き起こします。

塩害に強い素材

ガルバニウム鋼板

63213f93537633d9b0ed94b700deb4a8_s

海岸付近では一般的な金属製の物は塩害でサビを引き起こします。

ガルバニウム鋼板は腐食を抑える性質を持っている亜鉛を使っているので、基本的にはサビにくく強い材料といわれています。

樹脂サイディング

1edc31dfb3093e03d474d95ce0353ff3_s

樹脂サイディングは潮風の影響を受けてもサビない、腐食しないという特徴があります

樹脂サイディングは潮風の影響を受けてもサビない、腐食しないという特徴があり耐久性があります。

塩害対策

hafto

塩分を洗い流すことが大切です。定期的に水で洗い流しましょう。

住宅の中でも破風や軒周りは雨水が流れにくく滞留してしまう傾向があるので塩分が流れにくく溜まってしまいます。そのため、塩分が溜まる場所は塩害になりやすいです。

破風や軒周りに塩害を発生させない為には塩分を洗い流すことが大切です。
定期的に水で洗い流しましょう。

塩害にも強い外壁や塗料があります

海の近くに住むとき2

塩害に強い素材を選びましょう

今では塩害に強い外壁が販売されています。また塗装をする際でもそういった実績のある業者さんにお願いすることが好ましいです。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  2. シロアリ・腐朽菌

    シロアリや腐朽菌から家を守るためには!?

  3. 木材のJASやJISとは!?

  4. 内装仕上げ材のいろんな機能!

  5. 内装に使われている石膏ボードの種類とは!?

  6. 防音と遮音とは!?その材料にはどんなものがある