断熱材の種類や効果

断熱材の種類や効果についてお伝えします

長期優良化住宅や省エネに対策で重要な役割を果たしている断熱材。

住む人が少しでも快適に過ごせるように、壁や天井・床下に設置され寒さや暑さの軽減に一役買っています。
今では当たり前の様に設置されているからこそ、改めて断熱材について知っていただければと思います。

断熱材の役割とは

断熱材の役割とはどんなことなのでしょうか?

断熱材を設置することで暑さや寒さの軽減以外にもメリットが多数あります。
それ以外のメリットについて下記に挙げてみました

1.省エネ効果が得られる
家の断熱性と気密性が高いと冷暖房のエネルギー消費量が少なくなる

2.住宅の保護
断熱材を使うことで結露の防止につながります。結露が発生すると家の耐久性にも影響をおよぼします。

3.健康被害の減少
室内の温度や湿度を均一にすると、結露だけでなくカビやダニの発生を抑えます。また急激な温度変化によって起こる、ヒートショック現象も防ぐ事ができます。

4.音の軽減
日常生活ででる音は個人差によって違いますが、中には不快に感じる事もありますね。断熱材の種類によっては吸音します。

断熱材の種類と特徴

断熱材には代表的なものとしてグラスウールやウレタンポリエステル系等の商品が販売されています。
予算や使用場所で住まいに合った断熱材を選択しなければなりません

☑1.グラスウール
多くの家で使用されています。

ガラスを高温で溶かした細いガラス繊維を加工したものです。
天井や床、壁にも使用できます。
金額も安く、耐久性や吸音性に優れています。グラスウールを設置する密度が高いほど断熱性能が高くなる特徴を持っています。

☑2.ウレタン系


細かい気泡で形成します。気泡に熱を伝えにくくするガスが含まれているので断熱性能も高いです。現場で直接吹き付けるタイプやボードタイプがあります。断熱と同時に気密性を向上し遮音性にも優れています。

☑3.ポリエステル系
ポリエステルよりかは発泡スチロールの方がなじみがあると思います。

パネルタイプは施工性がよく木造の仕様に合わせてサイズ展開や床下断熱用などに厚みの種類も多いです。
同じ種類と厚みでも断熱性能が違うものもあるので気を付けなければなりません。

最後に…

断熱材は住宅の保護と住む人の快適性を得るためには重要なポイントになります。

新築時なら様々な断熱材を選ぶことができますがリフォームの場合には限られた断熱材しか選べなくなる事もあります。
日常生活に支障が出ない形で施工を行う事が一番ではないでしょうか?

断熱材は種類が豊富なので、予算にあった断熱材を選択するとこができます。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 電気代節電!? 室外機断熱塗装でエコな生活

    電気代節約塗装で節電!? 室外機断熱塗装でエコな生活

  2. 屋根の塗装で快適性がアップ?

  3. 雨漏りは屋根塗装で防げる? 知っておきたい屋根の仕組み

    雨漏りは屋根塗装で防げる? 知っておきたい屋根の仕組み

  4. コスト削減、金属屋根におススメ、シャネツトップワンSi-JY

  5. 硬い塗装でキズに強い床板!『キズつかーズ』

  6. 遮熱塗料の最高峰スーパーシャネツサーモ