外装リフォーム

外装リフォーム

外装リフォーム

■ 劣化の状態によっては外装リフォームが良い場合も

外装リフォームについて

しろくまペイントでは屋根の吹き替えや外壁の張り替えなども行っています。

当ページでは外装リフォームのことについて書かせていただきました。

しろくまペイントでは外壁の状態によってリフォームをおススメしています

外装リフォームにはいくつかの工法があげられます。
それぞれの工法おいて特徴がありますのでメリット・デメリットをご理解いただいて採用してください。
ご参考になれば幸いです。

外装リフォームについて

■ どんな工法があるんでしょう?

外装リフォームについて

外装のリフォームには3つの工法があります

外壁のリフォームには既存の外壁を剥がして張り替える方法と、今ある外壁の上に外壁を重ね張りする方法、そして塗装をする方法があります。
工法ごとにメリット・デメリットがあることから、その特徴を考慮して工法を選ぶ必要があります。

壁の状態によっては外装リフォームをおススメします

外壁劣化

外壁痛んでいませんか?

外装が劣化してくると、壁にヒビが入ったり、シーリング部分に穴が開いたりして雨水が建物内部に侵入し、内部構造の劣化につながる可能性があります。

例えば、小さいキズであれば、その部分を補修して塗装工事をすれば問題はありませんが、下地や既存の外壁の劣化がひどい場合には塗装工事で対応することが難しいので新しい外壁材を使用してメンテナンスを行うことが必要となります。

重ね張りについて

重ね張りデメリット

重ね張りのデメリット

重ね張りが出来ない外壁材が多いのもデメリットです

下地の痛み等に気づかず施工されてしまったり、外壁材が2重になるため問題が発生した際に原因を究明するのに余分な費用がかかってしまう。
また外壁材の種類によっては最初からね張りが出来ないものが多いというのもデメリットになります。

重ね張りのメリット

外壁重ね張りのメリット

費用が抑えられ・工期が短いです

一番に既存の外壁の撤去がないので費用を抑えられます

また工期が張り替に比べて短いです
あとは住宅の構造によって変わってきますが、外壁材が2重になりますので断熱性能が向上する可能性があります

張り替えについて

張替のデメリット

重ね張りのデメリット

重ね張りと比べ費用、工期がかかります

既存の外壁材を撤去しなければならないので、重ね張りと比べても費用がかかるのと、撤去するので工期がかかってしまいます。

張替のメリット

外壁材張り替えのメリット

張り替えは下地の状態が確認できるのでトラブルが発見しやすいです

一番は既存の外壁を撤去するので、壁自体の重さが重ね張りに比べても軽くなったり、下地の状況を確認できますので住まいの問題を発見しやすくなります

また、壁の構造が複雑にならないので再工事をする際に、コストを抑える事が出来るのがメリットになります。

しろくまペイントのその他の工事事例

外壁塗り替え・外壁塗装(事例掲載)

ページの内容・・・ 既存の外壁に痛みはありませんか?
☑ 外壁の役割とは!?
☑ 外壁の劣化は防水機能を低下させる
☑ 外壁の劣化を放置すると

 屋根塗り替え(事例掲載)

ページの内容・・・ 屋根は日ごろ見えにくいですが建物の中でも過酷な環境にさらされている場所です。
☑ 屋根の役割とは!?
☑ 劣化状況の把握は大切です
☑ 屋根の傷みによっては火災保険が適応されます

 内装塗り替え(フローリング・クロスなどの事例掲載)

ページの内容・・・ 内装塗装でこんなことができる!!
☑ クロス塗装で再生事例
☑ フローリング塗装でピカピカ!
☑ 痛んだ無垢フローリングが白木のように!

 木部塗り替え(事例掲載)

ページの内容・・・ 木部は傷みやすいので定期的なお手入れが必要なんです
☑ 木部の再生技術って?
☑ しろくまペイントの木部再生事例

 その他の塗装(リペア・モニュメント・エイジング・駐車場ラインなどの事例掲載)

ページの内容・・・ 無垢カウンターや椅子・すのこなども再生してきました
☑ その他の塗装工事事例
☑ 駐車場ライン
☑ 善子さん光子さん

 防水工事(事例掲載)

ページの内容・・・ 既存の防水層は健全ですか!?
☑ ウレタン防水事例
☑ プール塗装事例
☑ プールFREライニング事例

 シーリング工事(事例掲載)

ページの内容・・・ シーリングは水の浸入を防ぐために必要な工事です
☑ M様邸シーリング工事
☑ 保育園プールシーリング打ち替え工事

 雨どい修理・修繕工事(事例掲載)

ページの内容・・・ 雨樋の機能は正常ですか!?
☑ チェックしてみましょう
☑ 雨樋修理・修繕工事事例