外壁塗り替え・外壁塗装(事例掲載)

外壁塗装の重要性01

しろくまペイントの外壁の塗り替えについて

外壁塗り替えお任せください

外壁に劣化は見受けられませんか?しろくまペイントなら診断から塗装まで行っています

既存の外壁に痛みはありませんか?しろくまペイントでは外壁塗り替えにおいて多くの実績と経験があります。
このページでは主に外壁の塗り替えについての解説と事例を掲載しています
また施工事例にはしろくまペイントの価格を掲載しました。
各工事内容のページにはそれぞれ工事の解説と実績を載せています。
今後さらにお客さまにとってわかりやすさを考え充実させていきます。
ブログにも外壁についての施工の流れなどを書いていますので、ご覧いただければと思います。

外壁の役割

外壁の役割とは

外壁には、さまざまな種類がありますが、外壁としての役割を果たす材料でなければなりません

外壁の役割は大きく分けると3つあります。
一つは火災が起こった時に延焼を防いだり、風雨や日射等の自然環境から建物を守ります。
次は防音・断熱等で快適に生活できる環境を作る居住的役割、外壁の色や形状で住まいの個性を出す
意匠的な役割になります。
安全性や快適性・意匠性という3つのバランスは重要で、1つでも欠けてはいけない役割があります。
この3つの要素を基本にして外壁選びをすることが重要になってきます。

外壁の劣化は防水機能を低下させます

外壁を塗り替えで特に重要なこと、それは外壁に塗膜を形成し防水機能を持たせることです
外壁の塗膜は時の経過と共に劣化をしていきます。
そのため、劣化が進行することで雨水等から建物を守ることができなくなります。
つまり塗膜機能(保護層)の低下はさまざまな外的要因(紫外線・水分・雨・暴風・砂による摩耗など)から建物を守るチカラの欠落とも言えるのです。

外壁塗装の重要性02

現場調査時に見られた損傷です。補修を施し、TOPの模様を再現塗装をすることで美しく蘇ります

外壁の劣化を放置すると

外壁塗装

外壁の材料にはさまざまな種類があります。その材料によって工法が異なります


ほとんどの外壁材は定期的に塗り替えが必要です。外壁の素材は、木だったり、サイディングボードだったり、モルタル塗りだったりします。

また素材と素材の間のつなぎ目部分には防水としてシーリングが施されています。このシーリングはゴムみたいなもので、はじめは柔軟性を持っていますが、経年により硬くなります。外壁・シーリングの劣化を放置するとどうなるのでしょうか?
外壁部分は見栄えが悪くなるだけでなく、ワレ、クラック、腐食へと繋がっていきます。つなぎ目に施されているシーリング部分は固くなった後にさらにやせていきます、そのやせにより素材と素材の間を埋めているシーリング材が素材との密着を失い建物内部へ湿気・水分の浸入を許してしまいます

外壁劣化のようす

クラックが入ってしまっていた状況写真とチョーキングが発生している状況写真


外壁やシーリングへのメンテナンス不足は時の経過によって、内部へとダメージを蓄積させる原因となり、ひどい場合には内装材の腐食だけでなく白アリの発生へと繋がっていくため建物の寿命を短くしてしまう恐れがあるのです。
外壁の診断、傷み具合をまずは、確認してほしいと思われている方、お気軽にごそうだんください。
弊社では外壁の状態、そしてお客様のご要望から塗料を選定・お客様の「やって良かった塗装のために」取り組んでいます。

しろくまペイント外壁塗り替えのようすです

しろくまペイントの外壁塗り替えのようすです。

しろくまペイント × 外壁塗装施工事例

長野県長野市ラーメン店さま(国界)外壁塗り替え工事

長野市 ラーメン店塗り替え工事

準備中
2-1
3-1
4-1

 

長野県山ノ内町Kさま邸モルタル部塗装工事

長野県山ノ内町Kさま邸モルタル部塗装工事

準備中
2-1
3-1
4-1

 

長野県中野市Nさま邸外壁塗り替え工事

長野県中野市Nさま邸外壁塗り替え工事

準備中
2-1
3-1
4-1

長野県中野市宿泊施設さま外壁塗り替え工事

長野県中野市宿泊施設さま外壁塗り替え工事

準備中
2-1
3-1
4-1

長野県長野市Fさま邸外壁塗り替え工事

長野県長野市Fさま邸外壁塗り替え工事

準備中
2-1
3-1
4-1