有機溶剤作業主任者

有機溶剤作業主任者は塗装を行う上で大切な資格です

有機溶剤を取り扱う施工で必要な資格、有機溶剤作業主任者

塗装業に限らず、溶剤を扱っている会社では必ず必要になってくる有機溶剤作業主任者。

塗装会社を選ぶ上ではチェックするべき資格の一つになります。

この資格は、労働安全衛生法で決められた作業主任者(国家資格)になります。
概要としては、有機溶剤による身体的な被害防止の指揮や監督を行い、労働者の衛生の確保に配慮するだけでなく、消防上の危険物の取り扱いの点から知識や経験も求められている資格になります。

また塗料を扱う現場や職場では責任者や管理者が持つ必須の資格です。

有機溶剤毎の特徴や、問題が起こった時の対処法などを学びます

有機溶剤の中には、人体に有害な物質が多く含まれています。

液体の状態ならば皮膚についたり誤って飲まなければ問題がありませんが、液体が蒸発し気体になった時に空気と共に肺に入りめまいや頭痛・吐き気などの中毒症状を葺き起こす恐れがあります。
多量に有機溶剤を使っているような現場などでは中毒症状で死んでしまう事もあるのです。そういった事故を未然に防ぐ為にもこの資格は大変重要です。

塗装工事をお願いする場合は必ずこの資格を持っている人間が在籍しているか確認しましょう。

関連記事

  1. なんで料金が違うの?塗装業者によって料金が違う理由とは

  2. 塗装をする際に必要な塗料の付着性とは

  3. 平屋住宅塗り替え工事

    平屋建て外壁・屋根塗り替え工事

  4. 必ず守ろう塗装間隔

    必ず守ろう、塗装間隔

  5. 塗料選びについてのこと

    塗料を選ぶには、どうすれば良いの?

  6. 雨どい点検していますか

    雨どい修繕に見積もり取ったら高い業者と安い業者が!!その見積もりの根拠とは?