外壁塗装をする前にはご近所への挨拶を忘れずに

塗装前に大切なあいさつ回り

こんんちはしろくまペイントです。
本日はご近所への挨拶回りについてお伝えしえいきます。

外壁塗装をする前に、ご近所への挨拶は済んでいますか?

自分の家の敷地内だけでご近所に迷惑かけるわけではないし、どうして挨拶しなければいけないのかと、疑問に思われる方も多いでしょう。
しかし、塗装前の挨拶はとても大切なのです。

工事で起こりうる環境を伝える必要があります。

工事前の挨拶は大切です

まず、例え住宅の敷地内のみであったとしても、音や臭い、業者の車などでご近所に迷惑がかかります。

外壁塗装をする際には音や臭いがつきものですし、足場がお隣の敷地に入ってしまったり、養生シートをかけることもあります。
それが事前に知らされていなかったらどうでしょうか。

せっかく家でゆっくり過ごそうと思っていたのに、音がうるさかったり、臭いがきついとリラックスできませんよね。
事前に知らされていれば、出かける計画を立てることもできますし、家で過ごすにしても対策ができますよね。

また、いくら家を守るためとはいえ、いきなり養生シートを掛けられるのも嫌な気分になるものです。
きちんと伝えられているかで印象も大きく変わりますし、何かあったとしても大目に見てもらえる可能性が高くなります。

挨拶しなかったことが原因で関係が悪化するのはもったいないですし、家をせっかく綺麗にしても、これから住みづらいですよね。

挨拶回りは余裕をもって行いましょう

余裕をもって挨拶に行くことをおすすめします

挨拶回りに行く際は、余裕をもって工事が始まる2週間から、遅くとも1週間前には行きましょう。

業者との打ち合わせだったり、急用が入ったり、挨拶に行っても誰もいなかったりなど、トラブルが多く考えられますので余裕を持つことが大切です。
最低でも両隣、裏面、向かいの家には挨拶しましょう。

最近では、業者の方が施工が始まる前に挨拶してくれることもありますが、できれば、ご自身でも挨拶したほうが無難です。
すべてを業者任せにしていると、人によっては誠意がないと受け取られることもあります。

挨拶回りに行くときは手ぶらでいかず、簡単な手土産を持っていきましょう。

伝える項目は工事期間がどれくらいか、一日の中で工事が始まる時間と終わる時間、窓は開けられるのか、塗料の臭い、車の数などを簡単に伝えると良いでしょう。

一言挨拶しておくことで、無用なトラブルを避けることができます。
より良い関係でいるためにも、外壁塗装をする際は必ず挨拶をしましょう
しろくまペイントでは、塗装の前にご近所回りに挨拶を行っています。

関連記事

  1. 外壁塗装の重要性とは?

  2. 外壁の色選びは◯◯を意識しよう!〜街の景観とマッチさせる色選びのポイント〜

  3. 外壁をツートンカラーにするなら、配色は◯◯に気をつけよう!

  4. 上田市事務所外壁塗装工事

  5. 長野市M様邸屋根塗装工事

  6. 塩尻市内遊具の塗装