外壁塗装の色が選べない!〜色選びで失敗しないためには?〜

外壁塗装の色が選べない!〜色選びで失敗しないためには?〜

外壁の色でお悩みでしょうか

外壁の色選びは誰しも失敗したくないもの。

失敗したからといってすぐに塗り直せるほど費用も安くありません。なので、一度決めるのにすごく長い時間かける方もいるのではないでしょうか?
前回は「世間の人がどのような色を選んでいるのか?」についてお話ししましたが、今回は色選びで失敗しないためのポイントを紹介します。

色選びを失敗しないための4ステップ

外壁の色を決めるステップ

まずは色を決める上で事前に確認しておくべき項目を紹介します。
①周辺の建物との写真を撮影し、周りと調和させるのか、目立たさせるのかを決める。
②イメージに合う色をA4サイズ以上の面積のものでサンプルを見る。
③太陽の光のもとで色を確認する。(朝、昼、夜なるべく全て確認する。)
④カラーシミュレーションで全体のイメージを見る。
これらの4つを行う理由としては、頭で想像している色と実際に見て確認する色とのギャップをなくすことです。色には面積効果や当てる光によって違った色に見えてしまいます。そうなると、塗り終わった後に「あれ?思っていた色と違う。」と感じてしまい、満足した結果にならなくなります。
そうならないために、頭で想像するだけじゃなくて、実際に住む環境に合わせて確認するようにしてください。

奇抜な色よりも無難な色の方が飽きない

奇抜な色よりもベーシックな色の方がおすすめ

色というものは変わった色であればあるほど飽きてしまいませんか?
そうなると塗り替える頻度が高くなりますし、お金の面で大変です。なので、長い目で考えて飽きない色を選ぶ方が多くおられます。そういう点でいうと、無難な色やシンプルな色が好まれている傾向です。
また、ベージュ系、グレー系、ブルー系、グリーン系という基調の4色というものがあり、その4色から落ち着いた色味を選ぶ方も増えています。

最後に

いかがでしたか?
色というものは彩度や明度の少しの違いでも、仕上がりはガラッと変わることがあります。イメージで終わらず実際に見ることと、長期間その色の外壁になることを考えて選ぶようにしてみてください。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 電気代節電!? 室外機断熱塗装でエコな生活

    電気代節約塗装で節電!? 室外機断熱塗装でエコな生活

  2. 多目的な塗装におススメ、セラマックス3兄弟

  3. 昔の塗装シリーズ!その3・団地の屋根塗装工事

  4. 優れた意匠性でオリジナルな外壁『グラナートSP』

  5. 建物を美しく保ち続けるリファインシリーズ

  6. 家を水から守る防水塗料、EC5000PCM