外壁塗装に適した季節

外壁塗装に適した季節

外壁塗装に適した季節

外壁塗装に適した季節

外壁塗装に適したシーズンはいつなのでしょうか?

あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで~

おはようございます。
長野の地域密着塗装店しろくまペイントです。
いざ塗装をするにあたって、実際どの時期に塗装をすればいいのかと迷ってしまう事があると思います。

イメージだと夏は暑いので塗料が乾きやすい、逆に冬は寒いから乾きずらいと思われていることでしょう。また梅雨の時期は避けた方がよいと悩むこともあると思います。
実際、お客様とお話しをしている中でもそういったこと聞かれます。

1年中塗装ができる地域もありますが寒冷地ではなかなかそうはいかない場合もあります。

塗装をするための気温条件とは?

外壁塗装に適した季節2

塗料を塗るためには、湿度・温度に一定の条件があります。

塗装をする条件の中でこのような時には注意が必要です。

☑ 気温が5℃以下の時
☑ 湿度が85%以上の時

は塗装工事を避けるべきです。
上記2点の条件内で作業を行ってしまうと、塗装が剥がれてしまったりといった不具合を起こす可能性が高いのです。

弊社では基本的に冬季期間中の外部の塗装はオススメしていない理由が上記のような事もありますし雪の関係で日程が予想以上に延びてしまう可能性も考慮しているからなのです。
その辺は業者さんによって変わってきますので必ず確認してください。

また1日の作業時間も地域によっては秋以降、夜露の関係で夕方までできなかったりするところもあります。
確かに金額も大事ですが、季節という面でも十分に検討をすることです。

長野県の外壁塗装に適した季節

situdo

湿度管理・温度管理もしています。

長野県の気候の特徴として平地と呼ばれる地域が多く昼と夜の気温の差が大きいです。

また一年に降水量も長野・上田・佐久地域は北海道東部に次いで少ない地域とされています。
一方で降雪量は北部では季節風の影響で雪の日が多く、中部や南部の平地では季節風が山脈を越えてくるので、空気が乾燥し、晴れの日が続くことになります。

実際、長野県の外壁塗装に適した季節ですが、冬に近づけば近づくほど適していません。
12月くらいになると夜露が下りてくる時間が早いので特に施工できる時間も少ないです。

冬に突入すると気温も一ケタかマイナスの日がばかりです。塗装工事は気温5℃以下で湿度85%以上の時は行ってはならないと言われています。

そうなると冬が終わり雪が降らなくなる季節、その年の気象条件によって変わりますが4月上旬位から11月末位までが塗装に適した季節になります。

塗装条件が揃わないことで起こるトラブル

tougai

寒すぎる場合には、塗膜に欠陥をもたらす可能性があります

気温が低い状態で塗装を行った場合、塗料が硬化するのには時間がかかります。

塗膜の乾燥には表面乾燥と内部乾燥があるので、表面だけが硬化していても塗膜内部がなかなか硬化しない場合があります。
そのような状態で塗膜の塗り重ねを行うと塗膜表面の割れや密着不良を起こします。

また、特に水性塗料を使う際には水分が膨張し寒さによって凍結することにもつながります。
冬場に塗装をすることはこれだけのトラブルを生む可能性を含んでいます。

施工日数も塗装時期に比べても延びます。しろくまペイントは以上の事から冬季の外部塗装工事をお断りしているのです。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. サイディングの種類を大別すると

  2. 高圧洗浄について

    外壁塗装にかかる費用(高圧洗浄)

  3. ケレン作業

    外壁塗装にかかる費用(ケレン)

  4. 外壁塗装

    外壁塗装にかかる費用(養生)

  5. 手塗塗装

    手塗りと吹付塗装の違いとは?

  6. フッ素塗料について

    塗料の種類(フッ素)