塗り替えで手抜き工事が起こりうる人的要因について

塗り替えで手抜き工事が起こりうる人的要因について

手抜き工事が起こりうる人的要因

・手抜き工事を行うと早期に塗膜が剥離する可能性が高くなります。 ・塗装後は乾燥時間をしっかりと確保して次の工程に移らなければなりません。

・手抜き工事を行うと早期に塗膜が剥離する可能性が高くなります。 ・塗装後は乾燥時間をしっかりと確保して次の工程に移らなければなりません。

~あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで
こんにちは
長野の地域密着塗装店しろくまペイントのダイです

塗装業者の中には、経費を削減するために手抜き工事をすることがあるようです。
今回は業者交流や塗装仲間から、そして私たちが経験してきたことを踏まえお伝えいたします

手抜き工事事例

塗装の仕様が三回塗りになのだが1~2回しか塗らない

塗装の仕様が3回塗りになのだが1~2回しか塗らない ・塗装仕様が3回で決まっているが、手抜きの場合下塗り~上塗りなど2回で納めて しまう場合があります。写真は下塗り作業中です。

塗装仕様が3回で決まっているが、手抜きの場合下塗り~上塗りなど2回で納めてしまう場合があります。写真は下塗り作業中です。

基本的な塗装工程は、下塗り・中塗り・上塗りといった具合に塗装工程を重ねます。

塗料の種類によっては最低でも2回以上は塗装をおこないます。塗装改装を重ねる事でムラを無くし塗膜を強くするためです。
塗装回数が増えれば、手間と費用がかかるので、この回数をごまかして手抜き工事をおこなう業者が存在します。

決められた希釈以上で塗料を希釈して使用する

決められた希釈以上で塗料を希釈して使用する ・塗料の種類で原液仕様か希釈するか変わってきますが、希釈の場合は仕様書に沿った 希釈をしなければなりません。

塗料の種類で原液仕様か希釈するか変わってきますが、希釈の場合は仕様書に沿った 希釈をしなければなりません。

お客様自身が塗料の希釈濃度を知る訳でもありませんし、確認もしません。
薄めている現場を見ても「そんなものだろうと」思うだけでしょう。

こういった業者にあたってしまったらどうしようもありません。

当然塗料を過剰に希釈をすれば材料費は安くなるので悪徳業者の利益になります。

乾燥時間を短縮する

季節や気温、湿度、使用塗料によって乾燥時間は大きく変わってきます。 乾燥時間を守らず塗装すると塗膜の縮れが起こる可能性が高くなります。

季節や気温、湿度、使用塗料によって乾燥時間は大きく変わってきます。 乾燥時間を守らず塗装すると塗膜の縮れが起こる可能性が高くなります。

塗装工事は下塗り~上塗りと工程がきまっていて各塗装の間隔も塗料ごとによって決まっています。

例えば4日かかる塗装工事が2日で終わったりと乾燥時間を守らない事で、日程を短縮することができるので、その分が利益として増加します。

下処理がいい加減(ケレンや洗浄)

写真は高圧洗浄中になりますが、下処理がいい加減だと、塗料のはじきやへこみ、 剥がれが起こる可能性が高くなることから、下処理はとても重要な作業になります。

写真は高圧洗浄中になりますが、下処理がいい加減だと、塗料のはじきやへこみ、 剥がれが起こる可能性が高くなることから、下処理はとても重要な作業になります。

下処理は塗装工事をおこなう上でも一番重要な作業といってもおかしくはありません。

どんなにいい塗料を使ったとしても、下処理がされていなかったら、塗膜が剥がれたり、膨れたりと施工不良になりやすいのです。
外壁を洗浄して汚れなどを落としたり、ひび割れを補修して表面の凹凸を無くしたり塗料との密着をよくするために目荒らしをするなどの作業が重要で、下処理をしないだけで日程を短縮できます。

契約した塗料以外の塗料を使用する(例えばフッ素をシリコンで塗る)

写真は塗装がしやすいように容器に移した写真ですが、使用する塗料や缶数がわかるように 写真に収める事が故意に違う塗料を使用することを防ぐ事ができます。

写真は塗装がしやすいように容器に移した写真ですが、使用する塗料や缶数がわかるように 写真に収める事が故意に違う塗料を使用することを防ぐ事ができます。

例えば、フッ素塗料で契約をしたのに、実際使われているのがシリコン塗料だった場合です。

塗料の種類によって汚れの付着度や水の弾き方などの違いはありますが、それを見極められる
施主もなかなかいないと思います。

手抜き工事を防ぐために

現場で使用した塗料の写真になります。このように検収写真を撮ることで実際に決められた塗料を 使用したか確認できます。

現場で使用した塗料の写真になります。このように検収写真を撮ることで実際に決められた塗料を 使用したか確認できます。

上記のように手抜き工事をすると、経費を削減できますので会社もしくは個人の利益が多くなります。

ですが、住まいの方に目を向けると塗膜の剥がれが早くなったり、下地が透けて見えるなどのトラブルにつながります。
手抜き工事を防ぐ為に朝から終わりまでずっと張り付いてみている訳にもいきません。

方法としては作業工程表の提出や各工程ごとの写真を出してもらう。書面や写真で残しておくのも有効な手段になります。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  2. 職長・安全衛生責任者教育とは!?

  3. 無垢材では無くて、椅子や机、扉、家具などの木目調の材料って何が使われているの!?

  4. アスファルトシングルって何!?

  5. 溶剤系塗料を使用する時に必要になる有機溶剤作業主任者とは!?

  6. 中野市・月極め駐車場ライン引き、駐車番号描き直し工事