プールクラック補修・塗り替え工事

施工前

プール施工前のようすです。経年立ったプールは劣化している箇所が見受けられました。全体に汚れが溜まっていて、塗膜も色あせている状態になります。

プール施工前のようすです。経年立ったプールは劣化している箇所が見受けられました。全体に汚れが溜まっていて、塗膜も色あせている状態になります。

高圧洗浄状況

高圧洗浄でプール内に溜まっている落ちづらい汚れを落としていきます。

高圧洗浄でプール内に溜まっている落ちづらい汚れを落としていきます。

クラック部補修

ところどころにコンクリートのクラックが見られます。補修をおこないます。

ところどころにコンクリートのクラックが見られます。補修をおこないます。

浮いている箇所を取り除いていきます。クラックはクラックは放置すると水の浸入だけでなく歩行時に足が引っかかって怪我の原因にもなります。

浮いている箇所を取り除いていきます。クラックはクラックは放置すると水の浸入だけでなく歩行時に足が引っかかって怪我の原因にもなります。

他の箇所も強度を回復させるためエポキシ剤を注入していきます

他の箇所も強度を回復させるためエポキシ剤を注入していきます

sekou5

プール全体で弱くなっているコンクリート部分にエポキシ樹脂を低圧注入していきます。

ケレン作業

脆弱な塗膜の除去や塗料との密着をよくするためにで電動工具にてケレン作業を行います。

脆弱な塗膜の除去や塗料との密着をよくするためにで電動工具にてケレン作業を行います。

下塗り

プールは塩素を使用するので、普通の塗料だと傷みやすくなります。そのためプール専用の塗料を使用します。

プールは塩素を使用するので、普通の塗料だと傷みやすくなります。そのためプール専用の塗料を使用します。

中塗り

下塗り後は乾燥時間をとり、中塗りを行います。

下塗り後は乾燥時間をとり、中塗りを行います。

仕上げ塗り1回目

中塗り後に仕上げ塗りをします。塩素に負けない塗膜を作ります。

中塗り後に仕上げ塗りをします。塩素に負けない塗膜を作ります。

仕上げ塗り2回目

最終的な仕上げになります。塗り忘れやムラがないように、決まった塗布量を守って塗装をします。

最終的な仕上げになります。塗り忘れやムラがないように、決まった塗布量を守って塗装をします。

コートライン塗装

コートラインは前もってテープで養生をしてから塗装を行います。

コートラインは前もってテープで養生をしてから塗装を行います。

完工

施工前と違い色あせていた塗膜もキレイによみがえりました。

施工前と違い色あせていた塗膜もキレイによみがえりました。

使用塗料

プールの機能を回復して補強する厚膜防水工法のFREライニング工法の材料とプール塗装で使用した、プールコートの塗料になります。

プールの機能を回復して補強する厚膜防水工法のFREライニング工法の材料とプール塗装で使用した、プールコートの塗料になります。

関連記事

  1. 昔の塗装シリーズ!その2・1998年のプール塗り替え

  2. 昔の塗装シリーズはじめました!!その1、印刷工場塗り床工事

  3. 屋根の塗装で快適性がアップ?

  4. 外壁塗装の色が選べない!〜色選びで失敗しないためには?〜

  5. 雨漏りは屋根塗装で防げる? 知っておきたい屋根の仕組み

    雨漏りは屋根塗装で防げる? 知っておきたい屋根の仕組み

  6. 基礎を守る、優れた保護機能ベースガード