クロス塗り替えについて

クロスの塗り替えは自分でできるのか?

クロスに対するご相談お気軽にお問合せ下さい

こんにちはしろくまペイントです。
本日はクロスの塗り替えについて書いていきたいと思います。

クロスの張り替えや、塗装って自分でできるの?と思われている方も多いかもしれません。

実際に弊社でも、クロスに対するこんなご相談を良く受けるからです。
☑ クロスが汚れてしまったから塗装を行いたい。
☑ 子供が一人暮らしを始めたから子供部屋のクロスをきれいにしたい。
☑ 実家に帰ってくるので、その前にクロスを張り替えたい。
☑ 賃貸用のアパートのクロスをきれいにしたい。
☑ ペットがひっかいてしまい傷だらけになってしまった。
☑ ホテルの一室を塗り替えてほしい。

壁を塗り替えることが日常的なアメリカと、壁紙が一般的な日本

外国と日本では塗り替えについての感覚も商品も違います

アメリカなどでは、壁を塗り替えることが一般的に行われています。
DIYの習慣が日本と比べて、根付いているからです。

アメリカではそれくらい日常的なことなのです。

壁を塗る習慣が一般的であるため、壁専用塗料の販売数も多く、色合いも豊富です。
一方、日本ではクロスが一般的に使われています。

そのため需要が多く、2016年上半期だけでも338,817,141㎡分となっています。
6畳の部屋の場合、クロスを貼る面積『窓、ドアなど、クローゼットのドアなどの開口部除く』が、28~35㎡くらい、新築2階建約30坪の場合には、クロスを貼る面積は約400㎡~くらいになります。
上半期だけで、この数字ですから、日本ではクロスがどれだけ普及しているか分かりますよね。

これらのことを踏まえ、割りだしていくと
『海外製の塗料は輸入コストがかかり、㎡当たりの材料費が700円と高くなってしまう。』
『パステル調の色合いなど、クロスと違った風合いを楽しむことができます。』
『クロスの汎用品は数多く出回っているため、材料費が比較的安く入る。』

まとめ

おしゃれな壁紙沢山でていますね

クロスの塗り替えによる、塗装ならではの風合いを楽しみたい方や、色合いを楽しみたい方は、クロスの塗り替えにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ただし、『塗料の㎡単価が700円・休みの日を使う必要がある・養生などもしっかりと行う必要がある・乾燥時間が必要となる』なども考える必要があります。

クロスの張り替えは、業者によって異なりますが1,200円~です。ただ使いたいクロスによっては、もっと高額になります。
他にも防汚性能をもつクロスなどがあります。
クロスの塗り替え・クロスの張り替え、それぞれに魅力があります。

張り替えるのか、塗り替えるのか、自身のお好みのクロス工事を検討してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
保坂司
tsukasa hosaka 2級施工管理技士/1級内装仕上げ施工技能士/ こんにちは、保坂です。趣味は温泉とサウナ巡り、そして音楽です。 休みの日はサウナ巡りをしています。音楽好きなお客さま、是非音楽について語りましょう!

関連記事

  1. 外壁塗装の重要性とは?

  2. 外壁の色選びは◯◯を意識しよう!〜街の景観とマッチさせる色選びのポイント〜

  3. 外壁をツートンカラーにするなら、配色は◯◯に気をつけよう!

  4. 上田市事務所外壁塗装工事

  5. 長野市M様邸屋根塗装工事

  6. 塩尻市内遊具の塗装