風呂場の鏡が曇って困る・長く効く曇り止めグッズとは!?

風呂場の鏡が曇って困る・長く効く曇り止めグッズとは!?

風呂場の鏡が曇って困る・長く効く曇り止めグッズとは!?

お風呂に入ると換気扇を引いていても、すぐに湯気で鏡が曇ってしまいます。

せっかく鏡があるのに、これでは良く見えなくて髭剃りや身体を洗うにも見えにくくてその都度、水で流したりタオルで拭いたりしないといけないのでとても面倒です。
そんな悩みを解決してくれるのが、くもり止め専用の商品ですが、色々な商品がある中で使いやすく効果も持続するのが「塗りやすい くもり止めリキッド」です。

くもり止めリキッド塗布方法について

くもり止めリキッドを塗る前に、まず、鏡をきれいにしましょう。
水垢や石鹸カスをきれいに除去して完全に乾くまで待ちます。

この準備をしないままでは、くもり止めの効果が発揮できません。
本体は、先端のフェルトから液がにじみ出るようになっているので、しみ込ませるようにして塗って行きます。
塗りムラがあるとくもり止めの効果が全体にいきわたらなくなるので、丁寧に塗るのがコツ。
出来るだけくもり止めの効果を持続させるには、ティッシュで鏡に塗り広げるのが効果的です。

あまり押し付ける力が強いとティッシュが破れてしまうので、軽い力で塗るようにしてみましょう。
これを繰り返すうちに指先に自然な抵抗感が出て来れば、それで完了です。
液体のくもり止めを塗った上で、ふつうにお風呂で水やお湯を使って濡らすと、効果が出るのは不思議に思いませんか。
実は、水やお湯をかけることで、水の膜ができるので自然にくもり止めの作用が発揮されます。

くもり止めリキッドの効果が発揮される期間と価格帯は?

このくもり止めの気になる効果は、約1か月あります。
お風呂に入るたびにくもりに悩まされていた人は、一度、濡るだけでこれだけの期間、鏡を快適に見ることができるようになれば、とても便利な商品ではないでしょうか。

 

この商品は、名前にもあるようにとても塗りやすい形状で、フェルト部分から液体が出て来る構造であり適量を出した少なっているため、扱いやすいのも魅力です。
鏡の大きさにもよりますが、少なくとも数十回は使える量ですので経済的に使えて役立ちます。
800円程度で購入出来るので試してみるにも手軽な金額です。
お風呂の鏡をみるとき、湯気でくもってしまいお風呂に入るたびに鏡を拭いたり、水で流したり厄介だと感じて困っている人は、ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

スーパー銭湯などの出先で鏡のくもりが気になる方は、こんな方法を試してみては

最後になりますが、効き目が切れてきた場合やスーパー銭湯などに出かけた時にも曇りがきになりますよね!

そんな時にはシャンプーなどを鏡全体に塗り、その後、全部流さないように軽くシャワーをあてます。
手で水やお湯を掛けても構いません。
こうすることで、曇らなくなります。
ただし、成分が残らないようにするため、使用後はしっかりと洗い流してください。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 将来を見据えた間取りの考え方

  4. キッチンのスペースはどれくらいが良い!?

  5. カーペットの製法ごとの分類

  6. 家を建てることができる土地・建てることができない土地とは!?