長野県中野市の観光スポット「信州フルーツランド」「中野市立博物館」「まだらの湯」

長野県中野市のご紹介

長野県中野市の観光スポット「信州フルーツランド」「中野市立博物館」「まだらの湯」

中野市は長野県北部にある市になります。
人口は43,218人になります。

市の中心部は高社山として知られる高井富士と、蛇行する千曲川の中間に位置しています。

高品質なりんごをはじめぶどうやさくらんぼなどのくだもの、えのき茸においては日本一の生産量を誇ります。
ほかにも、さまざまな農産物がつくらている地として知れわたっています。
高度の高い山の内町から市内中心部にかけては扇状地と呼ばれるなだらかな下り坂になっており、この傾斜を利用して果樹園などが造られています。
扇状地の下端には、延徳田んぼとして知られている水田地帯が広がっています。
この地帯はかつて、千曲川の度重なる泥監によって水がたまり、エンドウ川と呼ばれる用水路が次第に整備されて、エンドウ湖のあった1帯が水田に整備されてます。
そこで中野市の観光スポットと、見どころをいくつか紹介していきたいと思います。

信州フルーツランド

まず1つ目は、信州フルーツランドになります。
信州中野インターより直進1分で、さくらんぼ狩り、桃狩り、葡萄狩り、りんご狩りができる本格的なドライブインになります。

出典:http://www.shunchan-nagano.net/

そのほか信州のお土産物などの売店や団体様対応可能の食堂などもあります。
営業時間は朝の8時から5時半になります。

地元産のフルーツをとても安くで買うことができるし、とれたてのフルーツを味合うことができるのも、見どころの1つになります。
注意事項なのですが、さくらんぼの出来は天候に左右されるため畑の状態によっては希望の日にちに案内できない場合があります。

中野市立博物館

2つ目は、中野市立博物館になります。
浜津ケ池周辺の豊かな自然に囲まれた文化公園、郷土を知ることができる市立博物館や、世界各地の珍しい昆虫や植物を観察することができる所も見どころになります。

 

出典:http://www.shinetsu-shizenkyo.com/

フィールドアスレチェック、サマーボブスレーなどレクリエーション施設なども充実しています。
ピクニック気分で楽しめる公園でもあります。

まだらおの湯

3つ目は、まだらおの湯になります。
まだらおの湯は、標高835メートルに位置し、四季折々の大変豊かな自然を演出する山々に囲まれています。

出典:http://www.furusato-toyota.com/

その恵みである温泉はゆったりと長湯を楽しむことができるのです。
体の芯から温まることができます。適応病としては、神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、冷え性、疲労回復、病後回復期、健康増進、慢性消化器病などに効果があります。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 小布施の芸術スポット②

  4. 将来を見据えた間取りの考え方

  5. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?

  6. 内装仕上げ材のいろんな機能!