環境に優しいプール専用コーティング材『プールコートマイルド』

プール塗装

プールコートマイルドとは

プールコートマイルドはトルエンやキシレンといった強い溶剤を配合上含まない、環境に優しいプール専用塗料です。

一般的に塗装されているプール専用塗料には、人体に影響が及ぶほどではありませんが、幾らかの強溶剤分が含まれていますので、塗膜の硬化過程で多少揮発してくることは否めません。
それに対して、このプールコートマイルドは硬化時にも強い溶剤の揮発がほとんどありませんので、環境意識の高まる中、極めて周囲の環境に配慮した設計思想で開発されています。

特長

  1. トルエン、キシレン1%未満の環境に優しい塗料です。(※)
  2. 特に屋内プールなどにおいては、溶剤臭がマイルドとなりますので作業環境も改善されます。
  3. 耐候性に優れていますので、長期にわたり光沢が低下せす、美しい塗膜を維持します。
  4. シンナーは下・中・上塗共通の一種類ですから、とても簡便であり経済的です。
  5. 各工程の塗料は乾燥性に優れていますので、従来の塗料に比べて工程の短縮ができます。
  6. ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆(規制対象外)認定品です。

※文部科学省「学校環境衛生の基準」には、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、スチレン、エチレルベンゼンについて基準値が定められています。

プール塗装

プールコートマイルドシリーズ製品一覧

プールコートマイルドAU(弱溶剤型アクリルウレタン樹脂系特殊塗料)

プールをプールコートマイルド仕様でコーティングした際の全てのトップコート材として用います。

標準色マリンブルー、ライトスカイブルー、パステルブルー
塗装方法はけ、ローラー
希釈率プールコートマイルドシンナー 5~15%(質量)
塗装面積約110~130㎡/1回/16kgセット
塗装間隔
(20℃)
10時間以上7日以内
荷姿16kgセット(主剤 12.8kg、硬化剤 3.2kg)
4kgセット(主剤 3.2kg、硬化剤 0.8kg)
可使時間10℃:12時間
20℃:6時間
30℃:3時間

プールコートマイルドスペシャル(弱溶剤型エポキシ樹脂系塗料)

下塗り材と上塗り材のバインダー用の塗料です。

塗装方法 はけ、ローラー
塗装面積約100~120㎡/1回/16kgセット
塗装間隔
(20℃)
10時間以上7日以内
荷姿16kgセット(主剤 12.8kg、硬化剤 3.2kg)
4kgセット(主剤 3.2kg、硬化剤 0.8kg)
希釈率プールコートマイルドシンナー 5~15%(質量)
可使時間10℃:12時間
20℃:6時間
30℃:3時間

プールコートマイルドモルタル用プライマー(弱溶剤型エポキシウレタン樹脂系塗料)

コンクリートモルタルプールのプライマーです。

塗装方法プライマーと同量のポルトランドセメントを混入し、電動撹拌機で混合した後、コテ、ヘラ等でタマリを作らないようしごき塗りをします。素地の状態が悪ければ2回しごき塗りをして下さい。
塗装面積約130~150㎡/1回/16kgセット
塗装間隔
(20℃)
10時間以上4日以内
希釈率プールコートマイルドシンナー 0~10%(質量)
荷姿16kgセット(主剤 8.0kg、硬化剤 8.0kg)
可使時間10℃:6時間
20℃:3時間
30℃:1.5時間

プールコートマイルド非鉄金属用プライマー(弱溶剤型エポキシ樹脂系フレーク入り塗料)

非鉄金属(アルミ、ステンレスなど)用のプライマーです。

塗装方法はけ、ローラーを使用しますが、フレークが入っていますので表面がザラザラした仕上がりになります。ローラ塗りの場合はローラーネット等でよくしごきながら塗装してください。
塗装面積約140~160㎡/1回/20kgセット
塗装間隔
(20℃)
8時間以上7日以内
希釈率プールコートマイルドシンナー 5~15%(質量)
荷姿20kgセット(主剤 16kg、硬化剤 4kg)
可使時間10℃:10時間
20℃:4時間
30℃:2時間

プールコートマイルド塗替用プライマー(弱溶剤型エポキシ樹脂系フレーク入り塗料)

エポキシ樹脂系もしくはアクリルウレタン樹脂系の塗料が旧塗膜の場合の塗替用プライマー、FRP製プールのプライマーです。

塗装方法はけ、ローラーを使用しますが、フレークが入っていますので表面がザラザラした仕上がりになります。ローラ塗りの場合はローラーネット等でよくしごきながら塗装してください。
塗装面積約140~160㎡/1回/20kgセット
グレー
塗装間隔
(20℃)
8時間以上7日以内
希釈率プールコートマイルドシンナー 5~15%(質量)
荷姿20kgセット(主剤 16kg、硬化剤 4kg)
5kgセット(主剤 4kg、硬化剤 1kg)
可使時間10℃:10時間
20℃:4時間
30℃:2時間

プールコートマイルド鋼板用プライマー(弱溶剤型エポキシ樹脂系錆止め塗料)

鋼板プールのプライマーです。

塗装方法はけ、ローラー、エアレス
塗装面積約110~130㎡/1回/18kgセット
塗装間隔
(20℃)
10時間以上7日以内
荷姿18kgセット(主剤 15kg、硬化剤 3kg)
6kgセット(主剤 5kg、硬化剤 1kg)
希釈率プールコートマイルドシンナー 10~20%(質量)
可使時間10℃:12時間
20℃:6時間
30℃:3時間

プールコートマイルドジンクリッチプライマー(弱溶剤型エポキシ樹脂ジンクリッチ塗料)

鋼板プールのプライマー、鋼製水槽などのプライマーです。

塗装方法はけ
ブラストなどによる素地調整後その日のうちにはけで素地にすり込むようにたっぷり塗装して下さい。
グレー
塗装面積約33~40㎡/1回/10kgセット
塗装間隔
(20℃)
7時間以上3日以内
希釈率プールコートマイルドシンナー 0~10%(質量)
荷姿3成分型 10kgセット
(主剤 2.5kg、硬化剤 0.5kg、亜鉛未 7.0kg)
可使時間10℃:10時間
20℃:4時間
30℃:2時間

*希釈剤としてプールコートマイルドシンナー 16L、4Lがあります。

プールコートQ&Aあれこれ

どんな素材のプールにもコーティング出来るのですか?

プールにはモルタル、ステンレス、アルミ、鋼板、FRPといった素材が主に使用されていますが、当社のプールコートシステムは基本的に全ての素材に対応できます。(ただしタイル貼りのプールは例外になります)

モルタルプールのコーティングはいろいろと難しい点があると聞きましたが…?

確かにモルタルという素材は他の金属製の素材と比較すると、素材そのものに水分や空気を含んだりするために、塗膜を物理的に裏面から押し上げようとする力が働くケースがあります。その為に適切な状況判断ときっちりした施工は必須条件になってきます。そういう意味では、他の素材よりもやや難しい点があるのは否めないでしょう。

プールに防水シートを用いる方法もあるようですが…?

当社も「プールコートシート工法」としてラインナップしています。コーティングとの大きな違いはその仕上がり感で、シートの場合は光沢が無く、どうしてもブヨブヨ感が出てしまいます。また躯体とシートとの間に隙間があり、そこに水が廻りやすく、その水が腐水になってしまう事もあるのです。

コーティングにシート…、プールの化粧直しって費用はどれくらい?

コーティングには様々なグレードがありますから、単純にこれくらいっていうのは言えません。FRE工法などで行うと、まさに新品同様に美しく仕上がりますが、お値段も若干はります。シートの場合は、次回改修時にどうしても産業廃棄物の処理問題(シートは素材が塩化ビニルのため、焼却時に塩素ガス、ダイオキシンが発生するので単純な処理というのは出来ません)が付いてまわります。そのため初期費用だけでは比較も難しく、最終的なトータルコストで判断する必要があります。

いわゆる普通のプールコートと、このプールコートマイルドは作業性や、長持ちなど、性能面での違いは何かあるのですか?

いいえ、基本的には全く変わりありません。あくまでプールコートマイルドは強い溶剤を使用していないという点だけで、塗膜の性能上は何ら変わることはありません。

その他ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 将来を見据えた間取りの考え方

  4. 将来的に必要がなくなるであろう部屋を考慮した間取りあり方

  5. 住宅ローンフラット35とは!?

  6. キッチンのスペースはどれくらいが良い!?