松代の見どころ『旧松代駅・町歩きセンター・旧松代藩鐘楼・矢沢家の表門』

松代の観光スポット~旧松代駅~

長野市松代の観光スポットについて記述します。

長野市松代にはどういった観光スポットがあるかということですが、まず一つ目が旧松代駅です。
この旧松代駅は大正11年に開業されました。

過去には長野電鉄屋代線が廃線となっているそうです。
外観はとても時代を感じます。
駅舎自体はしっかりと残っています。

町歩きセンター

次に長野市松代の観光スポットは、町歩きセンターというところです。

この町歩きセンターは人々が交流する場として利用されており、中には松代のことが書かれた本もあります。

旧松代藩鐘楼

そして次は、旧松代藩鐘楼です。
この旧松代藩鐘楼は当時は火の見櫓の役割も持っていたそうです。

さらにそれだけでなく、城下町の緊急時にも役にたっていました。

引用:https://www.city.nagano.nagano.jp/

旧松代藩鐘楼は長野市の有形文化財にもなっています。

とても歴史を感じることが出来ます。

松代藩文武学校

四つ目が、松代藩文武学校です。
この松代藩文武学校は文武の奨励を目的として作られたそうです。

1853年に完成し、開校自体は火事の影響もあり1855年まで遅れました。
建物自体は非常に簡素な作りとなっており、現在では当時の姿をほぼ残しています。

矢沢家の表門

そして五つ目が矢沢家の表門です。
寛政4年に再建されたこの門は間口約13メートル、奥行約4メートル、高さ約7メートルの作りとなっています。
この門は長野市指定の有形文化財となっています。

しかし、平成17年に火災の被害を受けて2年の間再建工事がされていました。

再建工事を受けた後にきれいに復活して今では長野市松代の有名観光スポットとなっています。
以上が紹介する長野市松代の観光スポットです。

個人的にこの記事を読んだら、長野市松代のことが少しは知ることができて興味がわき、行きたくなると思います。
まだ一度も行ったことはないですが機会があれば旅行としてこれ以外の地元の方のみが知っている観光スポットなども調べながら行ってみたいと思いました。

入場料などの部分に関してはあまり分かりませんが、そこまではかからないような気がします。

とても行けば思い出に残る良い町だと思いました。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 小布施の芸術スポット②

  4. 将来を見据えた間取りの考え方

  5. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?

  6. 内装仕上げ材のいろんな機能!