昔の塗装シリーズ4!長野市営団地の内装リフォーム(現状復旧・回復)

既存クロス撤去・新設状況


長野市内にある市営若里団地のクロス張替現場になります。
ほとんどの住宅の内装にはビニールクロスが使用されています。
タバコのヤニや料理をした際の煙・電化製品設置・紫外線の影響など多くの要因で徐々にですが劣化をしていきます。市営住宅に限らず
賃貸アパートでも原状回復としてクロスの張替が多くされています。
室内の原状回復は新たに入居される方が入居しやすいように行うものでクロスの張替だけでなく、フローリングのメンテナンスやハウスクリーニングも同時に行います。
既存クロスは下地や面積によって撤去の時間が変わってきます。

クロス新設・完了

クロスを新設する場合は現場で測りながらカットする場合と前もって確認してからカットを行う場合に分けられます。
面積が広い場合は後者の方が多いですが、面積が少ない場合では前者を選ぶケースが多いです。原状回復の場合は広範囲という訳ではなく、一部分という事が多いので一日で終わることが多いです。

ワックスがけ


今回は原状回復作業になるのでフローリングにはワックスがけを行います。
ワックスは美観とキズや汚れが付きづらくなる効果があります。
もちろんワックスを塗布する前には床の清掃として前もって汚れ落としや除塵をしてキレイな状態にしてから塗布します。
ワックスの塗布回数は1回もしくは2回になります。
ワックスの塗布をして原状回復が終了します。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 木材のJASやJISとは!?

  4. 小布施の芸術スポット②

  5. 将来を見据えた間取りの考え方

  6. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?