木材のJASやJISとは!?

木材のJASやJISとは!?

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。
本日は、リフォームで使われる木材(建材)の規格についてご紹介します。

木材は、代採した樹木を断面、長さの価格寸法になるように製材をして乾燥させたものになります。
木材の主な規格にはJAS規格とJIS規格があります。

JAS規格、区分は集成材、合板、製材品などの製品の種類、広葉樹製材、下地用製材、造作用製材等の分類、項目は、寸法、強度、含水率、耐巧性、保存処理などになります。
JIS規格は、パルティクルボード、繊維板、木毛セメント等製造物になります。

優良木質建材認識規格は、JAS規格では対応できないプレカット加工材、はじめ木質建材が対象になります。
安心と安全の家はまずは法令の手続きから始まります。

建物についての、建築基準法での安全性確保のために、木材に限らずその他の建築部材に関しても、仕様の規定や性能、構造性能、耐火性能、有害物質規制などの最低基準が設けられています。
ただし、安全性の確保が目的なのでそれ以上の快感性については、規定にされてはいないのです。

含水率とは、木の乾燥している部分と、木に含まれている水分の割合になります。つまり木の単位体積当たりの水分量のことをいいます。
含水率が100%なら木の乾燥部分の重量が、同部分の水分量と同じ割合ということになります。含水率が低ければ低いほど、木は乾燥していることになります。

ちなみに代採直後の含水率は、200%を超えており、建築部材として加工し、げんのうで、釘を打とうものなら、水が飛ぶような状態になります。
木材の収縮や変形は、含水率が30%を下回ることから始まります。

18%以下になると収縮や変形は、ほとんど無くなります。
木材の含水率についての説明をしていきたいと思います。

仕上区分というのがあり、大きく分けると2つあります。
仕上材は、乾燥処理を施した後、材面調整を行い寸法仕上げをしたものになります。
未仕上材は、乾燥処理後、材面調整及び寸法仕上げを行なっていないことです。

SDとは、表面仕上げされた乾燥材の略記号になります。

仕上材のSD15と表示する含水率は、15%、SD20と表示する含水率は、20%、未仕上材の、D15と表示する含水率は、15%、D20と表示する含水率は、20%、D25と表示する含水率は、25%になります。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. シロアリ・腐朽菌

    シロアリや腐朽菌から家を守るためには!?

  4. 準防火地域の木造3階建てに適応されるルールとは!?

  5. リフォームに際しキッチン・バス・トイレを予算内で賢く選ぶ方法とは

  6. 小布施の芸術スポット②