外壁選び中の方必見!タイル張り外壁は本当にメンテナンスがいらないの?

外壁選び中の方必見!タイル張り外壁は本当にメンテナンスがいらないの?

外壁選びをしている方にとってタイル張りの外壁は「メンテナンスフリー」、「メンテナンス不要」という営業トークをよく耳にするかと思います。
確かにタイル張りの外壁は丈夫で長持ちなのが特徴です。

しかし、メンテナンスが不要なほど丈夫で長持ちではありません。
他の外壁素材と同様に定期的にメンテナンスが必要です。
そこで今回はタイル張り外壁のメンテナンスについての誤解を解消します。

約10年に一度はメンテナンスが必要

タイル張りの外壁は本当に丈夫で長持ちです。

ほとんど劣化しないと言われています。
しかし、接着面や目次の部分などタイル以外の部分が劣化していきます。

タイルが劣化しないからといって、この接着部分のメンテナンスを怠ってしまうと、隙間から雨水が侵入していき、内部からどんどん劣化していきます。
そして、一見汚れがついていないように見えるタイルでも10年くらい経つと蓄積された汚れが出てきます。

汚れは劣化を進ませるもとなので、しっかりと汚れを落とすことが必要です。
外壁材自体は汚れを落とすだけで楽です。

メンテナンス費用もサイディングと比べて約半分と言われています。

タイルそのものを交換することは滅多にない

タイル張りの外壁は、石や砂などを約1300度の高温で焼き固めて作られています。

なので、ものをぶつけたり、砂でこすってもほとんど傷がつきません。
それほど耐久性が高いのです。
耐久性の他にも汚れや色あせ、偏食にも強いので、タイル自体がダメになるケースはほとんどありません。

そのことを「タイル張りの外壁はメンテナンスフリー」と一部の業者がアピールしているのです。
ただ、下地によく使用されるモルタルには弾力性がないので、地震がきた時には地震の衝撃を吸収できずにモルタルが破損し、タイルが剥がれ落ちてしまう可能性があります。

下地にクッション性のあるものを使用する工法も出ているので確認してみてください。

最後に

いかがでしたか?
確かにタイル張りの外壁は耐久性が非常に高いですが、メンテナンスがいらないことはありません。メンテナンスせずに新品のまま維持できるものは存在しないと思います。おいしい話に目がくらまずに、しっかりと知ること、調べることをして、選んでください。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 小布施の芸術スポット②

  4. 将来を見据えた間取りの考え方

  5. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?

  6. 内装仕上げ材のいろんな機能!