外壁塗装でお悩みの方必見!外壁塗装の適した時期っていつ?

外壁塗装でお悩みの方必見!外壁塗装の適した時期っていつ?

外壁はいつまでも長持ちするものではありません。
日々雨、風、紫外線、汚れのダメージを受け続けています。
なので、いつかは塗り替えなければなりません。

そこで疑問が一つ。
外壁塗装は一年中、いつ行っても大丈夫なのでしょうか?

元の塗料を剥がして、綺麗に洗浄したり、新しく塗料を塗らなければなりません。
気温や湿度、天候などの影響が気になりますよね。
今回は「外壁塗装は一年中いつ行っても良いのか」という疑問を解決します。

一番外壁塗装が向いているのは、春と秋

春と秋

「一年で最も外壁塗装が向いているのは?」と多くの塗装専門家が、口を揃えて答えるのは、「春」と「秋」です。
具体的には4〜5月と9〜10月位です。この理由として、空気が乾燥していることが挙げられます。

塗料はしっかりと乾燥させなけらば機能が低下してしまうことから、天気が安定している4〜5月、9〜10月が適しているのです。
地域にもよりますが、ほとんどの場合、春と秋が一年で最も外壁塗装に適していると言えます。

長野の場合には湿度が高くない地域のためあまり影響ありませんが、冬の塗装には温度管理が必要となります。
温度がマイナスになるため塗装条件と合わない環境になることがあるからです。

梅雨と冬は要注意

梅雨と冬

外壁塗装には春と秋の乾燥している季節が適しています。ですが、塗装に適していない季節も存在します。主に梅雨と冬です。もしこの時期に施工をお考えの場合は、工期が延びることを頭に入れておきましょう。外壁や屋根の塗装には、一般的に10〜14日かかると言われています。その間の職人さんの費用や、乾燥のための戸締りなどいろいろな不具合が発生しやすいです。施工前に対策してから臨んでください。

最後に

いかがでしたか?
外壁のように家の劣化から守るもののメンテナンスは早い対処であればあるほど良いものです。

しかし、劣化のサインを発見した時期によって向き不向きがあります。
塗装が向いている時期に劣化のサインを発見できれば良いですが、繁忙期で忙しいことが多いです。
それぞれの季節でメリット、デメリットがあるので、どの季節でもしっかりと塗装の仕上がりが綺麗な業者であるのかどうか、業者選びが大切なポイントになるかと思います。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 木材のJASやJISとは!?

  4. 小布施の芸術スポット②

  5. 将来を見据えた間取りの考え方

  6. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?