外壁の気になる汚れとはおさらば!汚れが目立ちにくい外壁の色とは?

外壁の気になる汚れとはおさらば!汚れが目立ちにくい外壁の色とは?

近所のおうちを意識しながら散策してみましょう

家は日々ダメージを受けています。
雨、風、紫外線いろんなものに当てられて、汚れがついたり色が褪せたりしていくものです。

でも「なるべく綺麗な状態を保ちたい!」という方がほとんどだと思います。
では、どうすればいいのでしょう?

それは、「汚れが目立ちにくい色」を初めから選べば良いのです!
そこで今回は、汚れが目立ちにくい外壁の色について選び方や選ぶ時のポイントをお話しします。

一番汚れが目立たないのは「グレー」

グレー系

一番汚れが目立たないのは「グレー」
外壁の色で一番目立たないと言われているのが、「グレー」です。とうのも、外壁につく汚れのほとんどが中間色だから、というのが一番の理由と言われています。

外壁につく汚れというと、砂ぼこりやカビ、藻、塵など、どれも薄茶色や緑を含んだ薄茶色ばかりです。
このような色はグレーと同化して、目立ちにくいため、多くの方から選ばれています。

サイディングにグレーがよく選ばれている理由も、汚れが目立ちにくいからという意見もあるんです。

アイボリー、薄いブラウン、ベージュも汚れが目立ちにくい!

ベージュ系の家

アイボリー、薄いブラウン、ベージュも汚れが目立ちにくい!
「汚れが目立たないならうちもグレーにしよう。」
このように思われるのはまだ早いです。

グレー以外にも汚れが目立たない色はあります。

それは、アイボリーや、薄いブラウン、ベージュのようなクリーム系の色です。
これらのクリーム系の色も汚れと同化でき、カモフラージュ効果があります。
また、アイボリーや薄いブラウン、ベージュには、グレーにはない膨張効果があるんです。膨張効果があると建物自体が軽く見え、明るい印象を与えることができます。

最近だと、「グレーだと暗い印象になっちゃう」、「明るい印象にしたい」というような意見もあり、グレーよりもアイボリー、薄いブラウン、ベージュのようなクリーム系の色を選ぶ方が増えている傾向です。

最後に

以上のように、白や黒、赤、青のようなはっきりとした色、原色は汚れが目立つ上に、色の劣化が激しいため、「できるだけ長く綺麗な状態に保ちたい」という方は、淡い色合いをおすすめします。
淡い色合いだと雰囲気も柔らかく、汚れのカモフラージュ効果もあるため、外壁の色選びの時は是非検討してみてください。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 木材のJASやJISとは!?

  4. 小布施の芸術スポット②

  5. 将来を見据えた間取りの考え方

  6. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?