自分で木部を塗装する方法

自分で木部を塗装する方法トップ

自分で木部を塗装する方法

■ 木部を塗装するための道具や塗料を知ろう!

DIYでウッドデッキやフェンスを塗りたい方のために自身で塗るための道具のことや塗料のことを掲載しました。

DIYでウッドデッキやフェンスを塗りたい方のために自身で塗るための道具のことや塗料のことを掲載しました。

木部を塗装するには

板壁などの広い面の木部はローラーバケかコテバケが効率が良いです。

板壁などの広い面の木部はローラーバケかコテバケが効率が良いです。

板壁などの広い面の木部はふつうのローラーバケかコテバケを使います。
塗り直しの場合は、剥がれかかった古い塗料をきれいに取るなどの下地調整を。
最後に木の目にそって、仕上げ塗りをするのかポイントです。

☑【塗料】水性建物用
☑【ハケ】筋かいバケ(30・50・70mm)やローラーバケなど
☑【用具】マスキングテープ、脚立、新聞紙、、洗浄用具(デッキブラシ・タワシ・バケツなど)、補修用具(金づち・くぎしめ・サンドペーパー100~180番・ウッドパテ・変成シリコン系充てん剤など)

木部を塗装する際の塗料の選び方

水性塗料と油性塗料

防虫・防腐・防カビ効果のあるウッドステインを塗っておくと、長期間美しい木目を保つことができます。

防虫・防腐・防カビ効果のあるウッドステインを塗っておくと、長期間美しい木目を保つことができます。

「水性建物用」あるいは、「油性建物用」があります。
つやのないしっとりとした仕上がりにしたいときは、水性つや消し塗料を使うといいでしょう。
また、木目を生かし透明に仕上げたいときは、ニスやクリアータイプの塗料をおススメします。
屋外の木部の場合は、油性の「屋外用ニス」を使用します。
そのときは下塗りに、防虫・防腐・防カビ効果のあるウッドステインを塗っておくと、長期間美しい木目を保つことができます。

木目を活かすか塗りつぶすか?使用する塗料によって変わります

■ 木部塗装の仕上がり方を知ろう

1f9fb4d5ee757dfdf0db4b8811591ab6_s

写真は木目を潰す塗料を塗ったようすです

木部用塗料は大きく分けると木目を生かす浸透性塗料と木目を無くす被膜型塗料の分けられます。
それぞれ、メリット・デメリットがありますが洋風建築か和風建築かで施工方法を分類することも出来ます。
使用する場所によっては天然樹脂や天然油脂を使用した自然塗料や化学合成塗料の選択が必要です。
 
 

浸透型塗料(木材内部に浸透して保護)の特徴
含浸塗料は木目を活かす仕上げです

浸透型塗料は木目を活かす仕上げです

☑ メリット
撥水性や防かび性を備えている
木部表面に塗膜を形成しないので触った時に木の質感が残る
木目を活かす仕上げ
塗膜を作らないので膨れや剥がれがない
☑ デメリット
被膜タイプと比べると耐水性や耐久性に劣る
短期間でのメンテナンスが必要になる

被膜型塗料(木部表面に塗膜を作る)の特徴
被膜を作る塗料の場合、木目の風合いなどは消えてしまいます。

被膜を作る塗料の場合、木目の風合いなどは消えてしまいます。

☑ メリット
耐水性や耐久性に優れている
艶の調整が可能
メンテナンスサイクルが長い
☑ デメリット
木の質感が失われる
割れや膨れをおこす

下地を整える

■ 塗装に大切な下地処理を知ろう

釘のサビをチェックする
サビが出ていたら、サンドペーパーなどで落としましょう。

サビが出ていたら、サンドペーパーなどで落としましょう。

くぎの頭の塗料が落ち、サビが出ていたら、サンドペーパーなどで落としましょう。
サビをそのままにしておくと、新しい塗膜にサビが再び浮き出てくる恐れあるからです。

釘頭を打ちつける
金づちとくぎしめで打ちつけて平らにします。

金づちとくぎしめで打ちつけて平らにします。

釘頭が出ていたら金づちとくぎしめで打ちつけて平らにします。

ゆるんでいたら新しい釘を打つ
釘が効きにくくなっていたら、近くの面に新しいく釘を打ちましょう。

釘が効きにくくなっていたら、近くの面に新しいく釘を打ちましょう。

古くて釘が効きにくくなっていたら、近くの面に新しいく釘を打ちましょう。

釘穴や傷はウッドパテで補修する
古い釘穴や小さな傷はウッドパテ等を使って穴埋めしましょう

古い釘穴や小さな傷はウッドパテ等を使って穴埋めしましょう

古い釘穴や小さな傷はウッドパテ等を使って穴埋めしましょう。乾いたらサンドペーパーをかけて平らにします。

隙間は充てん剤を使う
板と板の隙間などは変成シリコン系などの充てん剤で補修します。

板と板の隙間などは変成シリコン系などの充てん剤で補修します。

板と板の隙間などは変成シリコン系などの充てん剤で補修します。
よく乾かしてからサンドペーパーで平らにしましょう。

マスキングをする
塗料がついて困るところはマスキングテープで養生しましょう。

塗料がついて困るところはマスキングテープで養生しましょう。

塗料がついて困るところはマスキングテープで養生しましょう。
窓枠などの境目にマスキングテープをはり下には新間紙を敷いておきます。

塗装する

■ 塗装の仕方について知ろう

下地の処理がすんだら、いよいよ塗装です。塗料が飛び散らないよう、衣服などに着かないように注意してください。 軍手など体を保護するものも使用しましょう

下地の処理がすんだら、いよいよ塗装です。塗料が飛び散らないよう、衣服などに着かないように注意してください。 軍手など体を保護するものも使用しましょう

1回塗りなら薄めずに使う
とそうのようす

下地があまり傷んでいなければ、1回塗りでも大丈夫です。透けがないかだけ確認しましょう

下地があまり傷んでいなければ、1回塗り。
そのときは薄めずに塗料をそのまま使う。下地が傷んでいたら、重ね塗りがおすすめです。

筋かいバケで部分塗り
塗りずらい所を筋かいバケで部分塗りします。

塗りずらい所を筋かいバケで部分塗りします。

屋根との境目や窓の周囲など、塗りずらい所を筋かいバケで部分塗りします。

広い面はローラーバケかコテバケで。
広い面はローラやコテバケを使いましょう

広い面はローラやコテバケを使いましょう

左上部から「W」字に塗り、いくつかのブロックに分けてムラなく縦横に塗っていくとキレイに仕上がっていきます。

板目にそって仕上げ塗り
縦の板目なら縦方向に、横の板目なら横方向にハケを動かし仕上げ塗りをしましょう

縦の板目なら縦方向に、横の板目なら横方向にハケを動かし仕上げ塗りをしましょう

縦の板目なら縦方向に、横の板目なら横方向にハケを動かし仕上げ塗りをします。
あまり厚く塗らないのがポイントです。
木目を生かしたいときはニス等のクリアー系塗料を使用しましょう。

テイストを生かしたいときは、ニス等を使用した塗装がおすすめです

玄関ドアや内壁など木目の素朴なテイストを生かしたいときは、ニス等を使用した塗装がおすすめです。

玄関ドアや内壁など木目の素朴なテイストを生かしたいときは、ニス等を使用した塗装がおすすめです。

玄関ドアや内壁など木目の素朴なテイストを生かしたいときは、ニス等を使用した塗装がおすすめです。
ニスには、屋外用・床用・木工用着色タイプ・下塗りに効き目があるステインなどの種類があり、
水性・油性・ラッカー系に分かれていますが場所や用途に合わせた塗料の選択が重要です。
屋外の塗装では油性の屋外用ニス、下塗りにウッドステインを使うといいでしょう。
ウッドステインは、防虫・防腐・防カビ効果があり、上塗り塗料を長持ちさせます。
塗り方はふつうの塗料と同じで、下地調整・マスキングをしてから塗装となりますが、刷毛は「ニスやステイン用」のものを使います。
あなた自身で材料を購入し塗装をした場合、塗装会社に頼むよりはコストを格段に抑える事ができます。簡単な場所なら自分で行うチャレンジをしてみるのもいいですね。

木部を塗る時に参考になる、そのほかの記事!!

木部の染み抜きあく洗いについて

記事の内容・・・木部をキレイに保つお手入れの仕方から傷んでしまった時の、再生技術(サンディング工法・木部染み抜き・あく洗い工法)や奥の手などをご紹介を致します。

 

木材メンテナンスをDIYで行うための木材の状態と道具と塗料のこと。

記事の内容・・・木部の劣化状態によって、どんなメンテナンスをすれば良いのかを書いていきたいと思います。

 

自分で塗装をする時に気をつけること

記事の内容・・・手に塗料が付いたときに人によっては荒れてしまう事があるので手袋は必要ですね。
室内の塗装でも必ず養生をしましょう。

 

光沢のある見え方と光沢のない見え方の違いとは

記事の内容・・・例えば光沢のある仕上がりは艶が出てきれいですよね。まるでバーのような雰囲気を醸し出します。
高級感が出て、その場で素敵な時間が過ごせると思います。
しかし現代風なイメージが強く、好き嫌いが分かれるのも事実です。

 

しろくまペイントの木部塗装事例など『一覧』

 

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 工事後の保証について解説!

  2. 和室の内装を和モダンにしませんか!?長野市のしろくまペイント

  3. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント

  4. 冬前のヒートショック対策はなぜ大切か!?

  5. 塗り残し?どうやって防ぐ!?

  6. どれくらい日にちがかかるの内装リフォーム