珪藻土に負けない漆喰の効果

漆喰

漆喰とは…

漆喰

昔から、日本の伝統的な素材として多くの建築物に使用されてきました。

漆喰の主な原料は消石灰でサンゴがもととなって生まれた石灰石を焼成・消化したものです。
サンゴは共生している微生物と共に、海中の二酸化炭素を取り込み石灰質の骨格をつくる特性があります。

日本はこの資源をふんだんに有しており、国内で生産可能な数少ない資源です。

関西ペイントが生んだアレスシックイとは

漆喰と聞くと今までならコテを使用して塗ることがほとんどだったと思います。

そこで日本でも有数の塗料メーカーでもある関西ペイントが高度な左官技術を必要のしない取り扱いしやすい、漆喰の機能をそのまま生かした塗料状態化した漆喰を発明しました。
それがアレスシックイと商品名で現在販売されています。

住む人にやさしい漆喰の効果

(1)消臭機能

我々が生活する環境には様々な臭いが満ち溢れています。
例えばトイレやたばこ、ごみのニオイなどがあげられるのではないでしょうか?

アレスシックイを塗装した壁なら、こうした不快なニオイを吸着して浄化する機能を持っています。
喫煙する空間や施設・飲食店等臭いが気になる部分への施工が適しています。

(2)抗菌・抗ウィルス機能

細菌の育成や増殖を抑制します。
またカビの発生の抑制にも効果が認められます。

アレスシックイの壁は漆喰本来が持っている抗菌機能により、壁に付着した菌やインフルエンザの育成や増殖を抑制する効果があります。
抗菌機能は病院や福祉施設・学校などへの施工が適しています。

(3)有害物質の吸着

揮発性有機化合物(VOC)であるホルムアルデヒドを吸着無毒化しトルエンやキシレンを吸着除去します。

シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどのVOCを吸着し分解します。

建物にやさしい漆喰の効果

(1)防火認定素材

漆喰の主成分である消石灰は無機物であり不燃性の物質です。

アレスシックイの成分も消石灰であることから、燃えにくく防火機能にも優れています。
国土交通省防火認定素材で NM-8572、QM-9812、RM-9361(有機質砂壁状塗料塗り)適合品なので安心・安全です。

(2)結露抑制機能

湿度の高い環境はカビや腐食の発生原因になり、健康被害や建物・建材の痛みを引き起こします。

アレスシックイには室内の湿気を吸湿・放湿する役割を
持っているので、湿気のバランスを保ち結露を抑制する機能があります。

環境にやさしい漆喰の効果

二酸化炭素吸収機能

二酸化炭素はと旧温暖化の原因である事はご存知だと思います
アレスシックイの成分でもある水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸着し分解するので環境にやさしい素材となっています。

最後に

刷毛でもローラーでも施工できます

アレスシックイはローラーや刷毛での施工ができる事から扱いやすい商品となっています。
色も白だけでなくピンクやアイボリー・グレーといった商品構成となっています。
特にトイレや洗面所といった湿度が高くニオイの出やすい場所におススメです。

ペットを飼われている方からの需要も最近では高まっています。

漆喰塗料アレスシックイ|関西ペイント
小さなお子様のいるご家庭や、ペットを飼っているお家に「自然のやさしさ」を。
The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 建物の長寿命化ってどんなこと~安全安心まちづくり計画から長寿命化修繕計画へ~

  2. 工事後の保証について解説!

  3. 和室の内装を和モダンにしませんか!?長野市のしろくまペイント

  4. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント

  5. 冬前のヒートショック対策はなぜ大切か!?

  6. 塗り残し?どうやって防ぐ!?