ブログ

日なたと日陰で劣化スピードは違います

日向と日陰top

日当たりで、劣化の症状が異なる場合があります

日向と日陰

建物の劣化スピードは日向と日陰でも違います。

同じ家でも劣化スピードは場所に違ってきます。
住宅の日なたと日陰では一日に当たる紫外線の量が違うので劣化スピードも違いますが紫外線での劣化だけでなく、日なた・日陰特有の症状があります。
建物の劣化は立地条件や環境によって変わってきます。特に南側と北側が顕著なのではないでしょうか。

日向と日陰2

建物の劣化は日なた・日陰特有の症状があります。

日のよく当たる南側

ca5f86877b342fc2f8f8479e6252294b_s

日当たりの良い方角は紫外線の影響を受けやすいです

日がよく当たるので紫外線の影響を受けやすいです。そのためひび割れが起こりやすいです。
塗膜の色あせに始まりチョーキングと劣化が進行していきます。またサイディングのつなぎ目であるシーリングにもひび割れが起こりやすいです。

日が当たりづらい北側

e55120b5b6b5c4db78a949aea1bcd918_s

日の当たりづらい北側は水分や湿気が多いのでコケや藻が発生しやすい環境です。

日の当たりづらい北側は水分や湿気が多いのでコケや藻が発生しやすい環境です。最近販売されている
塗料は防汚・防かび成分が配合されているので、すぐに生える事はありませんが、年数が経ってきて
生えてくるようなら性能が落ちてきているかもしれません。

まとめ

日向と日陰3

南側は特に紫外線の影響が受けやすく、劣化がはじまります。劣化が進んだ既存塗膜は剥がれの原因になります。

南側は特に紫外線の影響が受けやすく、色あせやチョーキングが始まります。
そのため、劣化が進んだ既存塗膜は剥がれの原因になりやすいので高圧洗浄等の下処理をしっかり行ってから塗装を心掛けましょう。
逆に北側は日の当たりづらい場所になるので、湿気が溜まりやすい場所でもあります。
既存の塗膜の防水性能が落ちてくると、湿気の影響によってコケや藻が発生する可能性が高くなります。コケや藻は直接部材を傷める要因にはなりませんが他の方角と比べても湿気が多い場所なのでその分塗膜も劣化しやすくなります。
今の塗料は防かびや防藻成分が入っていますので安心してください。
塗料選びの際は方角や既存塗膜の状況を判断した上での塗料の選択が望ましいです。

リフォーム・塗装対応地域について

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

内装リフォームもしろくまペイントへ 長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォームや塗装工事お任せください。 尚、塗装やリフォームについての対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となります。

【えっ!リフォームも塗り替えも!0円リフォーム資料提供中!!!】

現金負担0円でリフォームできます

塗装とリフォームのことならお気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)
 

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

電話番号(必須)
 

お問合せ内容(必須)
 資料請求無料塗装診断塗装についてのご相談その他お問合せ

お問合せ詳細(ご相談内容、お問合せ内容など)