手塗りと吹き付け塗装の違いって何?〜手塗りと吹き付け塗装それぞれのメリット・デメリット〜

手塗りと吹き付け塗装の違いって何?〜手塗りと吹き付け塗装それぞれのメリット・デメリット〜

手塗りと吹付の塗装

外壁塗装に関して塗料の塗り方は全部同じと思っていませんか?
実は違いがあるんです。具体的には「手塗り」と「吹き付け塗装」が挙げられます。

「どっちでもいいよ。」と思われるかもしれませんが、これら2つには作業時間の差があったりや、場所によってその塗装方法が最適でない場合があるので、それぞれの違いを知っておくほうがベターです。
ではどのような違いがあるのでしょうか?

今回は手塗りと吹き付け塗装のそれぞれのメリット、デメリットの点から違いを紹介していきます。

そもそも手塗り、吹き付け塗装って?

そもそも手塗り、吹き付け塗装とはどういうものなのでしょうか?

手塗りとはその名の通り刷毛やローラーなどを使って手で塗料を塗りつける方法です。

対して吹き付け塗装とは、塗料を専用の器具で霧状に吹き付ける方法を指します。
手で塗りつけるか、霧状に塗料を吹き付けるかの方法の違いです。
では、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

手塗りのメリット

手塗りのメリットは、なんと言っても塗装面の状況問わず無駄なくしっかり塗装できることです。
外壁によって表面が凸凹していることがあります。

そんな塗装面でも手塗りなら問題なく塗料を塗ることが可能です。
また、塗料の無駄も少なくて済むんです。
手で塗るので、塗料が周りに飛び散ることがありません。
塗料はものによっては高価なので、塗料を無駄にしないのはコスト面でもありがたいですよね。

手塗りのデメリット

一方デメリットとしては、施工に時間がかかることが挙げられます。
手で塗るのでどうしてもスピードに限界があります。

塗装する人員を増やせればいいのですが、その分人件費が余分にかかってしまうので、避けたいところです。

吹き付け塗装のメリット

では吹き付け塗装はどうなんでしょうか?
吹き付け塗装のメリットとしては、なんと言っても施工スピードの早さです。

霧状で吹き付けるので一度に広範囲に塗料を塗りつけることができます。
塗料の臭いがきついものも中にはありますから、短時間で作業が済むとトラブルの心配も減って安心ですね。

また、仕上げ面が豊富にあることもメリットです。具体的には、玉吹きやリシン模様、スタッコ模様、石目調などの模様があります。見た目がキレイになるのでオススメです。
経験を積むとムラなく仕上げることができます。

吹き付け塗装のデメリット

対してデメリットとしては、塗料の無駄の多さが挙げられます。吹き付けることで広範囲に塗りつけられるメリットの反面、その分周りに飛び散ってしまいます。

ある説によると、塗料の約20%が無駄になっているそうです。
塗料がもったいないのは考えものですよね。
それ以外にも、塗膜の薄さがよく言われています。これに関してはあまり問題ありません。

塗膜には最適な厚さがあるので、ただ分厚くすればいいということではないからです。
もし薄いと感じれば重ね塗りすればそれで済みます。

以上のように、手塗りと吹き付け塗装には違いがあります。
どっちでもいいとは言わず、コスト面や作業面でも変わってくるので、最適な方法を選んでください。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. 建物の長寿命化ってどんなこと~安全安心まちづくり計画から長寿命化修繕計画へ~

  2. 工事後の保証について解説!

  3. 和室の内装を和モダンにしませんか!?長野市のしろくまペイント

  4. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント

  5. 冬前のヒートショック対策はなぜ大切か!?

  6. 塗り残し?どうやって防ぐ!?