建物の荷重を受け止める基礎について

基礎とは

kiso

しろくまペイントです。
本日は基礎のことについて書いていきます。

基礎とは?

建築物を支えて地盤に定着させる部分のことを言います。
基礎スラブと、それを支えるための地盤面における敷砂利・捨てコン・杭などを総称し、基礎と呼ばれています。
基礎には直接地盤に支持させる直接基礎と杭に支持させる杭基礎とに分類されています。

また直接基礎は独立フーチング基礎・複合フーチング基礎・連続フーチング基礎・べた基礎に分類されます。

杭基礎は打ち込み基礎・埋め込み基礎・場所打ちコンクリート杭基礎に分類されます。

独立フーチング基礎

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
独立基礎は、基礎のフーチングが独立して、単独柱の基礎に用いられています。

複合フーチング基礎

rennzaoku独立基礎が複合してできている基礎のことです。

2本以上の柱を1つの広がりの基礎で支える基礎構造をいいます。

連続フーチング基礎

ae8fb05916d91d044a78eea16bd6d2f4_s連続フーチング基礎は布基礎とも呼ばれています。

基礎のフーチングを連続して設けます。
主に木造や鉄骨造に用いられています。
傾斜地や、自重を軽くしたいときに有効な基礎です。

べた基礎

42c801e33126dbc3bb13bd0eae9e93ce_s基礎梁とスラブからなる基礎のことをべた基礎と言います。
建物の荷重を底面全体で地盤に伝えます。

基礎の目的

kisotoha

基礎はなぜ必要なのでしょうか?

建築物を建てる際に見受けられる基礎工事の必要性についてお伝えします。

建物を支える

8614bc0d6d9bef47113bb514ce19c06b_s基礎は建物を支えるために必要です。

どんなにしっかりした基礎を作ったとしても、そこの地盤が弱ければ建物は沈下してしまいます。
そのためには地盤の強度を把握してそれにみあった工事をしなければなりません。

例えば、建物の重さより地盤が弱かった場合に強い地盤まで杭を打つような地盤の補強工事が必要になります。

地震等の揺れに耐えられるか

7b5a306c397bcee64b90a6d583d61e91_s地震等の揺れがあった場合に耐えられる基礎であることが重要です。

強い基礎を作るためには基礎に鉄筋を入れたりしますが、建築基準法ではそういった基礎の構造に関して細かく決められています。
もちろん布基礎とベタ基礎では構造が違いますが状態によって鉄筋等の太さを変更したりしています。

The following two tabs change content below.
柳澤誠
makoto yanagisawa 1級施工管理技士/公共物件や戸建て住宅における防水・塗装工事を手掛ける、公共工事において細かな書類の作成まで対応してきた。 有名物件をはじめ、手掛けた物件は数千件にのぼる。
最新記事 by 柳澤誠 (全て見る)

関連記事

  1. 建物の長寿命化ってどんなこと~安全安心まちづくり計画から長寿命化修繕計画へ~

  2. 工事後の保証について解説!

  3. 和室の内装を和モダンにしませんか!?長野市のしろくまペイント

  4. 窓リフォームで快適に・長野市のしろくまペイント

  5. 冬前のヒートショック対策はなぜ大切か!?

  6. 塗り残し?どうやって防ぐ!?