ブログ

屋根材が破損する原因

屋根が劣化する原因

屋根材が破損する原因

屋根材が破損する理由
屋根材が破損する理由3

屋根材は瓦やスレート・ガルバニウムなど何種類もありますがそれぞれの素材が違いますので当然劣化が始まる年数も違いますしどのように劣化するのかも違ってきます。
ただ、外壁と違うのは毎日太陽からの紫外線や風雨や季節によっては雪など外壁よりも何倍も負担がかかっているという事です。

屋根は日ごろから強い紫外線や風雨など過酷な環境にさらされています

屋根材が破損する理由2
例えばスレートでしたら割れてしまったり、金属屋根の場合はサビが発生します。もちろん、しっかりとした定期的な点検やメンテナンスを行えばそういった破損にも気づくことができます

屋根材が破損するとどうなるのか

屋根材が破損する理由4屋根材が破損する理由5

屋根材には金属屋根やコロニアル屋根、瓦屋根など異なる素材を使用した物が存在しています。
そのため素材ごとに劣化の進行や傷み具合も変わってきます。
実際に屋根材が破損した場合はどのような影響が起こるのかを理解しなければなりません。

コロニアル屋根

屋根材にはセメントを圧縮した材料と棟部分に金属が使用されています。
圧縮されたセメントは年々強度が低下します。屋根の上に重い負荷がかかった時には割れる恐れもあります。
割れた破片が強風で飛ばされたり、割れてしまった部分から雨水の浸入が起こったりして雨漏りの原因になります。
また金属部分も雨によってサビの発生や強風などによって棟の金属を固定している釘が浮いてしまいそこから雨水の侵入が起こり雨漏りを誘発することもあります。

金属屋根

金属屋根の一番の敵はサビです。表面の防水性能が低下するとサビやすくなります。
サビは金属部分を酸化させてます。酸化が進むと穴があくのでそこから雨漏りが起きてしまいます。

瓦は地震や強風によって浮いてしまったりずれてしまうことです。瓦自体も重量がありますが、地震や強風によって落下することもあります。
その他にも漆喰が劣化して剥がれたり、崩れたりすると土台で使われる土が流出します。
その場合瓦を固定する力が低下するので瓦の浮きやずれが起こりその隙間から雨水が入り込んで雨漏りへ発展します。

リフォーム・塗装対応地域について

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

内装リフォームもしろくまペイントへ 長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォームや塗装工事お任せください。 尚、塗装やリフォームについての対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となります。

【えっ!リフォームも塗り替えも!0円リフォーム資料提供中!!!】

現金負担0円でリフォームできます

塗装とリフォームのことならお気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)
 

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

電話番号(必須)
 

お問合せ内容(必須)
 資料請求無料塗装診断塗装についてのご相談その他お問合せ

お問合せ詳細(ご相談内容、お問合せ内容など)