冬の終わりや冬前に点検しておきたい住まいの設備”給湯器編”

冬の終わりや冬前に点検しておきたい住まいの設備”給湯器編”

冬の終わりや冬前に点検しておきたい住まいの設備”給湯器編”

「冬前に点検しておきたい住まいの設備」

”給湯器の点検”冬前にしっかりと給湯器の点検をしておかないと厳冬の日に「お湯が出ない!」なんてことが起こってしまいます。
夏であれば「暑いし水風呂でいいか!」と数日であれば我慢できますが、厳冬の日にはそんなわけにはいきません。

夏と同様の事をしてしまったら風邪をひいてしまいます。
そうならないためにも冬前に業者の方にきちんと給湯器の点検をしてもらいましょう。
「いきなり業者を呼ぶのはお金もかかるしとりあえず自分で確認してから業者を呼びたい」という方はこんな所をチェックをしてみてください。

給水栓を開いてもお湯が出てこない場合は故障ではなく給水の元栓が全開になっていなかったり、運転スイッチを入れていなかったり、水抜き栓のフィルターにゴミなどが溜まっている可能性があります。
これらを確認して特に異常がないのにお湯が出ない場合は故障なので業者に連絡しましょう。
「ウチは給湯器買ったばかりだから大丈夫!」と言って点検しておかないと冬にお湯が出ない事もあります。
冬に比べて夏はそれほど給湯器を使用しないので稼働していない事によっても故障してしまうケースもあるのできちんと点検しておきましょう。

点検ではないのですが、冬前に水道管も確認しておきましょう。
外にある水道って夏は気温が高い事でお湯のような熱い水が出てくることがありますよね。
冬になると気温が低すぎて水道管の中で水が凍ってしまい、水が出なくなってしまう事もあります。

「水が出なければお湯をかければ大丈夫でしょ!」と思う方もいらっしゃると思いますが、水道管の中で凍っているのでお湯をかけるという行為はそれほど効果はありません。
なので、冬前に水道管に毛布やタオルを巻き付け、その上からビニールテープなどの雨に強いようなテープでぐるぐる巻きにして水道管を温めておきましょう。
もし、水道管の中で水が凍ってしまっていても水が出るまで蛇口を開けっぱなしにする行為は辞めましょう。

無理に水を出そうとしても凍っているのもはそう簡単には溶けません。
かといって中々溶けないからといってその場から離れてしまうと凍った水が溶けた時に水が出しっぱなしになってしまうので蛇口の開けっ放しは辞めましょう。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 将来を見据えた間取りの考え方

  4. キッチンのスペースはどれくらいが良い!?

  5. カーペットの製法ごとの分類

  6. 家を建てることができる土地・建てることができない土地とは!?