充填断熱工法と外張断熱工法

充填断熱工法

充填断熱工法は安定した断熱性能と簡単施工の工法です。床・屋根・壁などの寸法に合わせて、プレカットします。
充填断熱工法

  • 繊維系断熱材に比べ、内部結露による性能の低下が少ないです。
  • 断熱材自体の蓄熱が少なく、防暑効果に優れています。
  • 断熱材が薄くてすみ、壁体内の配線・配管工事が容易です。
  • 断裁加工により、工程とゴミの削減に効果を発揮します。

充填断熱工法

外張断熱工法

外張断熱工法は快適・健康・高耐久性工法です。
外張断熱工法

  • 内部結露の心配が少なく、柱も乾燥し耐久性向上に貢献します。
  • 外張断熱工法は屋根・壁・基礎(床)を外側からすっぽり包み込むためスキマ風や熱橋防止に有効です。
  • 屋根外張断熱工法だから夏期の遮熱効果が大きく、2階の温度(涼しさ)がぐんと違います。
  • 気密施工が容易です。
  • 配線・配管工事がラクです。
  • 外張断熱工法には耐熱性・耐水性・耐吸湿性に優れた押出法ポリスチレンフォーム「ミラフォーム」が最適です。

いまや断熱工法の常識となりつつある「外張断熱工法」。すでにミラフォームは多くの実績を上げ、好評を得ています。
ミラフォームの優れた特性は、外張断熱工法にも最適です。
また、工法に応じて、様々な二次加工も行っております。
外張断熱工法

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 木材のJASやJISとは!?

  4. 小布施の芸術スポット②

  5. 将来を見据えた間取りの考え方

  6. 住宅購入において住宅財形はどうなの!?