住宅ローンフラット35とは!?

住宅ローンフラット35とは!?

住宅ローンの融資を利用する時、銀行、インターネットバンキング、信用金庫など、様々な金融機関で融資を検討する事が出来ます。
フラット35は独立行政法人住宅支援機構が提供する住宅ローンで融資期間中の金利がずっと変わらない超長期固定金利の商品です。

最近では、金利水準の低下からTVCMや電車の中吊り広告等で目にする機会が多くなってきているのではないかと思います。

フラット35の特徴は以下の3点です。

☑ 市場の金利が変動しても住宅ローン金利は変わらない。
☑ 建物の性能によって一定期間金利を引き下げる事が出来る。
☑ 最長50年の融資期間で融資する事が出来る。

最大の特徴は“いつまでも金利が変わらない”事です。
住宅ローンで最もポピュラーな“変動金利”と異なり、どんなに市場の金利が変動しようと融資を受けている期間は住宅ローン金利が変動しません。

融資実行から住宅ローン完済まで金利の変動がないので毎月々の返済金額が変わらないという安心感があります。
ただ、国の機関である独立行政法人が提供する住宅ローンという事で利用するための決まり事があります。

フラット35を利用する際には“適合証明書”と書類を取得しなければならず、一定の技術水準を満たしている建物でしか利用する事が出来ません。
マンション・一戸建で要件が異なる為、事前に確認をしておく必要があります。

適合証明書取得の際に“省エネルギー性”や“耐震性”などに優れた住宅と認定された場合、“フラット35S”を利用する事が出来る様になり一定期間金利を引き下げる事が出来る様になります。

商品によっても異なりますが0.3%の金利を引き下げる事が出来るので、かなり大きな効果を実感してもらえるのではないでしょうか。
さらに、長期優良住宅に適合している建物を取得する場合は借入期間を最長50年まで伸ばす事が出来ます。

これに関しては利用を検討する方は限定的なのであまり気にしなくても良いと思います。
注意点としては“団体信用生命保険料”が別払いとなるので、毎月々のお支払以外に保険料が必要となります。

銀行のローンとは異なるので注意して下さい。
フラット35はお申込み窓口によって金利や手数料が異なるので、それぞれ諸条件の比較が必要です。

インターネットで簡単に比較する事が出来るので、より有利な窓口でフラット35の利用を検討して下さい。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. シロアリ・腐朽菌

    シロアリや腐朽菌から家を守るためには!?

  4. 準防火地域の木造3階建てに適応されるルールとは!?

  5. リフォームに際しキッチン・バス・トイレを予算内で賢く選ぶ方法とは

  6. 木材のJASやJISとは!?