雲海を望める天空テラスとは

雲海を望める天空テラスとは

雲海を望める天空テラスとは

みなさん こんにちは。
しろくまペイントです。

最近になり長野県では、色んな場所で天空テラスがオープンしています。

雲海スポットともいえる天空テラスですが、初めて聞く方も少なからずいると思います。
まず天空テラスのことを知るために関連ワードについて説明します。

雲海とは

雲海(うんかい)とは、山や飛行機など高度の高い位置から、見える雲が、波打つ海のように美しく見えることから、このように呼ばれています。
飛行機では、小さな二重窓越しにしか、見ることができません。

でも、山間部で眺める雲海は、遮るものはありません。広がる空一面が、波立つ雲海で敷き詰められ、まるで、空が海になったような感覚になります。
その息を飲むような幻想的な美しさは、天空の城ラピュタの世界を彷彿とさせ、二度見どころか、何度でも見つめてしまうとさえ、言われています。

山間部の雲海と、飛行機の窓から見る雲海の違いとは

山間部の雲海は、飛行機の窓から見る雲海と大きな違いがあります。
それは、山間部の雲海には、雲や太陽の光だけではなく、連なる山や森林の緑があることです。

そしてまた、その雲海を、山間部の新鮮な大気に包まれながら、まるで自分が雲海の一部になったかのように、全身で体感できることです。
霧と雲の純白の白さに、森林の深い緑、そこに、日の出の太陽の光が、青空をオレンジ色に染めながらだんだんと、森林を明るい緑に織りなしていく絶景は、感動のあまり、絶句するほど美しいと言われています。

山間部の雲海は、いつ、どこで見られるの?

しかし、雲海は、山間部ならどこでも見られるわけではありません。
春または秋の山間部で、夜中に低気圧が通過して、霧が発生した夜明け前から早朝の時間に限って、山頂から見ることができるのです。
日本では、北海道のトマム、熊本県の阿蘇の向坂山、宮崎県の国見ヶ丘が、雲海が見られる名所として知られています。

しかし、関東地域の方にすればトマムも阿蘇も観光地で、行くのには、お金も時間もかかりますから、そうそう手軽には行けるところではありませんよね。
また、秋と春だと、お休みも取れる日程が限られる上に、せっかく辛い思いをして、山頂に登っても、雲海が見られるとは限りません。
そのため、雲海を体験するのは難しいと言われ、雲海を見られるのは、幸運とも言われています。

出典:http://jafevent.jp/

でも、実は、夏場の期間限定オープンのところが多く、まだ、あまり知られていませんが、東京からたった3時間以内の長野に雲海が楽しめる天空レストランがあります。
「SORA trrrace」や野尻湖テラスです。
暑い夏の日に涼しさも同時に味わえる天空テラス訪れてみてはいかがでしょうか!?

関連記事

  1. ナウマンゾウの化石が発掘されることでも有名!長野県信濃町野尻湖について

    ナウマンゾウの化石が発掘されることでも有名!長野県信濃町野尻湖について

  2. 秋に行きたい!!千曲市の紅葉スポット「龍洞院」「千曲高原」

  3. 秋に訪れたい長野の観光スポット③

    秋に訪れたい長野の観光スポット③

  4. 長野の秘湯

    訪れてみたい長野の秘湯「中の湯温泉旅館」「天狗温泉」!

  5. 秋に訪れたい!長野の秋の見どころスポット②

    秋に訪れたい!長野の秋の見どころスポット②

  6. 秋に訪れたい!長野の秋の見どころスポットとは!?

    秋に訪れたい!長野の秋の見どころスポットとは!?