ブログ

八十二銀行、名前の由来を調べてみた!(本日は雨樋修理の現調です)

八十二銀行の名前の由来

はじめに

はじめに

八十二銀行名前の由来を調べてみました

当記事をご覧いただきありがとうございます。
当記事ではスタッフがちょっと気になったことを書いてみました。
八十二銀行の名前の由来はどんなものだったのでしょう?
ご覧いただければ幸いです。

八十二銀行の名前は何で?

銀行

八十二銀行名前の由来をご存知ですか?

~あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで
長野の地域密着塗装店しろくまペイントの保坂です
こんにちはしろくまペイントです
本日は高山村へ向かっています、雨樋修理の現調です。また帰社してからは、明日から行う中野市での断熱フィルム工事の道具の段取りとなります。
皆さんが一度は使ったことがあるであろう八十二銀行。
全国に154店舗・海外に1店舗を有している銀行になりますが、なぜ数字が銀行名になのかが気になってしまった今日この頃です。

八十二銀行の名前が気になったので調べてみました

銀行名前の由来

数字の意味が気になりました

調べてみると、なるほどですねと納得しました。
なぜ数字がついているのかというと、明治時代に制定された「国立銀行条例」というものが深く関係しています。
1872年(明治5年)に伊藤博文によって制定されたこの条例によって各銀行は設立された順番に第一銀行から呼ばれるようになったといいます。
最大で百五十三銀行まであったそうです。で、その銀行が発行する銀行券は全てデザイン等が違うわけではなく、デザインは同じだが、発行者の部分だけが違うという形の銀行券だったみたいです。
ちなみに八十二銀行は八十二番目という訳ではなく六十三銀行と第十九銀行が合併した際の合計の数値が八十二ということで採用されたそうです。

納得しました

八十二銀行の名前の由来納得しました

なるほど、納得しました

この数字のついている銀行はどちらかというと地方の都市に多いような気がします。
街中で数字がついている銀行名をみかけたら、こういうことなのかと思い出していただければと思います。

リフォーム・塗装対応地域について

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

内装リフォームもしろくまペイントへ 長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォームや塗装工事お任せください。 尚、塗装やリフォームについての対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となります。

【えっ!リフォームも塗り替えも!0円リフォーム資料提供中!!!】

現金負担0円でリフォームできます

塗装とリフォームのことならお気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)
 

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

電話番号(必須)
 

お問合せ内容(必須)
 資料請求無料塗装診断塗装についてのご相談その他お問合せ

お問合せ詳細(ご相談内容、お問合せ内容など)