ブログ

タワークレーンを設置する技術

タワークレーンの設置について

タワークレーンがどのように設置されているのでしょうか?

タワークレーン設置

建設中などに見られる大型のタワークレーン、どうやって最上部に設置しているかご存知ですか?

全国的にもそうですが、長野市内でもマンション等の大型施設の建設を多く見かける機会も多いと思います。
そんな大型施設を建設しているのを見た時上を見てもらうと大きいクレーンがあり、建設が終わるとそのクレーンが見事になくなっているのを見て、どうやって撤去をしたのだろうと、そういった建物を見るたびに気になっている方もいるのではないのでしょうか?
実際、どのように高い位置まで持ち上げて解体をしているのか不思議でならないと思いますので、この機会に書いちゃいました。
まず、このクレーンの名称はタワークレーンと呼ばれています。次にタワークレーンが上がる時になります。

タワークレーン設置の流れ

kure-nn

クレーンは以下の通りに設置されていきます

①タワークレーンを組み立ててある程度の階数まで施工を行っていきます。
②①まで組み立てた最上部のフロアに本体を固定して、本体の油圧シリンダを使用しながら、マスト(支柱)を引き上げていきます。
③そのマスト最下部を①の最上部フロアに固定をして今度はクレーン本体がマストを昇っていきます。
④あとは①~③を繰り返しながらクレーンがビルを昇っていく形になります。逆に解体をするときはどうするのかという点になります。
①今、最上階にあるクレーンを単体で解体し下におろすことは難しいので、そのクレーンをおろす為に、少し小さなクレーンを設置します
②設置が終わったら、元からあったクレーンを解体し先ほどの小さなクレーンで資材をおろしていきます。
③①・②を繰り返しながら最後は人の手で解体をされてエレベーターを使用して地上に下ろされ完全に撤去が終了になります。
もしかしたら説明不足な部分があるかもしれませんので、さらに知りたい方はご自身で検索される事をオススメします。
このような流れで行われているという事を知ることができただけでなく、技術力の高さと発想にただ驚くばかりです。

リフォーム・塗装対応地域について

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

内装リフォームもしろくまペイントへ 長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォームや塗装工事お任せください。 尚、塗装やリフォームについての対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となります。

【えっ!リフォームも塗り替えも!0円リフォーム資料提供中!!!】

現金負担0円でリフォームできます

塗装とリフォームのことならお気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)
 

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

電話番号(必須)
 

お問合せ内容(必須)
 資料請求無料塗装診断塗装についてのご相談その他お問合せ

お問合せ詳細(ご相談内容、お問合せ内容など)