ブログ

長野市鬼無里塗り替工事

ご提案の上ご依頼いただきました

はじめに

長野市の鬼無里で塗り替え工事行っています

長野市の鬼無里で塗り替え工事行っています

当記事をご覧いただきまして、ありがとうございます。
当記事では鬼無里で行った塗り替えのようすと、鬼無里の見どころスポットを書かせていただきました。
鬼無里を楽しむために、ご参考にしてみてはいかがでしょうか?

長野市鬼無里塗装工事

長野市鬼無里

自然に恵まれた鬼無里、とてもいい所です

~あなたの家族の健康にとことんこだわった塗装店~赤ちゃんからお年寄りまで
おはようございます。長野の地域密着塗装店しろくまペイントの斎藤です。
長野市鬼無里塗装工事の進捗状況です!

既存屋根塗装前

母屋・車庫・土蔵

長野市鬼無里の塗り替え工事が始まりました。 離れもあり、なかなかの広さです。ところどころにサビが見られます。丁寧な作業をしていきます

先日屋根の診断をさせていただいたお客様のお宅の屋根の塗装が始まりました。
今回はと三か所に分かれての塗装になり建物自体が独立をしているため同じ敷地内にあっても作業を行ううえでは移動等もありますので結構大変という感じになりますが、そこはしろくまペイントが誇る塗装のプロの従業員なので安心して任しています。

屋根ケレン作業状況

ケレン状況

塗り替えにとって下地処理は大切な工程です。 しっかりと行います。

屋根自体も部分的ですが結構さびの発生がありますのでさびを落とすのに結構時間を費やしたのではないかと思いますが、こういった下処理を時間をかけてでも行わないと塗装をした時に塗膜が剥がれたりする不具合が生じてきます
塗装も重要ですが下処理もかなり重要なウエイトをしめています。

高圧洗浄作業状況

高圧洗浄

高圧洗浄のようすです。

ケレン後は清掃を行った後、しっかりと高圧洗浄を行い汚れを落としていきます。
洗浄後の乾燥時間をたっぷりと取り、次の日からの塗装に作業的には移っていきます。

長野市鬼無里について

長野市鬼無里の名前の由来

鬼無里の名前の由来

鬼がいない里、鬼無里の名前の由来ですが3説あると言われています

裾花川の上流にあるこの谷は昔「水無瀬」村と言われていました。この呼び名が鬼無里村になったのはここに鬼がいなくなったからとされていて、地名の由来について代表的なものが古来より3説ほどあります。

一夜山の鬼

信州戸隠西岳、一夜山、白馬連峰の秋

信州戸隠西岳、一夜山、白馬連峰の秋

飛鳥時代に天武天皇が遷都の場所を探した時、この谷を都にしないよう鬼が一夜のうちに山を運んで平地を塞いだとされています。
遷都の邪魔をされたために天武天皇が将軍を派遣して鬼を征伐した結果、鬼無里といわれるようになった。

荒倉山の鬼女

荒倉山

荒倉山からの戸隠連峰の秋

平安時代に貴女紅葉がこの地で内裏屋敷を構えました。その後荒倉山の岩屋に住む鬼女になったのですがその後退治され、ここを鬼無里と呼んだ

虫倉山の鬼神

長野市中条の新緑と虫倉山

長野市中条の新緑と虫倉山

虫倉山に住んでいた鬼神が姿を消して行方が分からなくなったことから鬼無里といったという。

長野市鬼無里のグルメ

長野市鬼無里のグルメ

長野市鬼無里のグルメです。長野市の地域によっても味が変わります。家庭の味もあると思いますが、地域ごとで食べ比べをしてみてはいかがでしょうか

鬼無里では四季ごとに旬と言われる食材があり、土地柄厳しい自然環境でもあるので保存できる食べ物など貴重な食材無駄なく使った料理が多くあります。

おやき

おやき

長野県全県でも親しまれているおやきです

イメージは野菜を小麦粉で包んだおまんじゅう
信州おやきのルーツは長野県西山地方で作られる灰焼きおやきといわれています。
農作業の合間や夜なべ仕事の傍らで、囲炉裏の灰の中に入れて焼き、食していました。
また、約4000年前の縄文時代にはおやきが作られていたそうです。
おやきには種類が多くあり、灰焼き・焼いて蒸かす・蒸かして焼く・蒸かす・揚げる等の
おやきが販売されています。これは各地域で生産される穀物の種類が違う事や地域の食文化、
慣習の違いが関係しています。

大根びき

大根びき

大根びき

大根、ニンジン、長ネギを使った料理
鬼無里の食料保存方法として土の中に野菜を埋めて貯えられた大根やニンジンなどの野菜を厳しい冬の大切な食料として使用されてきました。その野菜も春を迎えるころには煮えにくくなってしまうため、大根などの調理・活用方法として考え出された料理になります。

すいとん

すいとん

鬼無里はすいとんも有名です

小麦粉を団子にした汁で、澄まし汁と味噌汁があります。
現在のすいとんは小麦粉を使用した物がほとんどですが、ひと昔のすいとんは麦・そば・もろこし等の粉を混ぜ合わせ、地元でとれる季節野菜を混ぜたすいとんが作られていました。

にらせんべい

にらせんべい

にらせんべいはチヂミにも似ています

小麦粉の生地の中に新鮮なにらを入れ味噌をつけたもの(北信地方の郷土食)
にらせんべいは昔、農繁期の休憩時や子供のおやつとしてよく食べられていました。
現在でもおやつだけでなく食事の代わりとなる食べ物です。
元々は寒い北信地方ではあまりお米がとれなかったそうです。その時、お米を使わない
料理を考えていた中で、信州味噌と季節野菜を合わせたものが流行したという説もあります。

こねつけ

こねつけ

こねつけは焼きおにぎりに似ています

飯米を水で洗い小麦粉を足して焼いたもの等があげられます。
こねつけは米と小麦粉を混ぜ、丸めたものに味噌や砂糖醤油などをつけて焼いた食べ物のことをいいます。
中に野菜等の具が詰められることもあります。おやきとの違いはお米を混ぜて作ったか作っていないかで分けられることもあるそうです。

長野市鬼無里のみどころ

長野市鬼無里の観光名所

長野市鬼無里にはたくさんの見どころがあります、自然も豊かですし、お時間があったら水芭蕉などを見に行ってみてはいかがでしょうか?

鬼無里には奥裾花自然園のミズバショウ群生地をはじめとして長野市の天然記念物である高橋のしだれ桜、県の天然記念物の新井のイチイが有名で夏の季節は白髯神社にてホタルを鑑賞することができます。
ほとんどが徒歩での移動になるので体力的にも大変です。観光が終わった後は鬼無里の湯が近くにあるのでそこで身体の疲れを取りましょう。

リフォーム・塗装対応地域について

火災保険申請!補助金利用アドバイス!0円リフォームの提案ならしろくまペイント!!

内装リフォームもしろくまペイントへ 長野市近郊及び・須坂市・中野市・千曲市・高山村のリフォームや塗装工事お任せください。 尚、塗装やリフォームについての対応地域は長野県東北信地域・中信地域となります。野沢温泉村・飯山市・木島平村・栄村・山ノ内町・高山村・中野市・飯綱町・信濃町・須坂市・小布施町・小川村・小谷村・白馬村・長野市・千曲市・大町市・麻績村・坂城町・生坂村・池田町・松川村・安曇野市・松本市・青木村・上田市・東御市・小諸市・御代田町・軽井沢町・佐久市となります。

【えっ!リフォームも塗り替えも!0円リフォーム資料提供中!!!】

現金負担0円でリフォームできます

塗装とリフォームのことならお気軽にお問合せ下さい

お名前 (必須)
 

郵便番号 (必須)

ご住所 (必須)
 

メールアドレス (必須)
 

電話番号(必須)
 

お問合せ内容(必須)
 資料請求無料塗装診断塗装についてのご相談その他お問合せ

お問合せ詳細(ご相談内容、お問合せ内容など)