フローリングに傷・くすみが、キレイに補修する方法とは!?

秋に訪れたい!長野の秋の見どころスポット②

フローリングに傷・くすみが、キレイに補修する方法とは!?

 ■ フローリングの汚れ、困ってませんか!?

みなさんこんにちは。
しろくまペイントです!

最近では一般家庭やマンション等でフローリングにしているお部屋が必ず有りますが、日本に昔から伝わる畳とは異なりキズや汚れが目立ちます。

特にフローリングの床に物を落としてしまっつた場合等の凹みのキズはそのまま放置しても決して治りません。

フローリングに傷・くすみが、キレイに補修する方法

アパート等の賃貸にお住まいの方は引っ越し等される場合には最後に修復してから部屋を開ける事が必要になり、修繕費用が掛かってしまうケースも有ります。

そこでご自宅等のフローリングのキズの修復や、汚れを落とす方法について考えて見ましょう。

キズの補修方法

■ フローリングの凹みキズを直そう!

先ずフローリングに付いた凹み等のキズに付いてです。
基本的よほど大きな凹みキズでない限りはご自身で修復が可能です。

ただし、機能性の高いフローリングの補修は止めておいた方が無難でしょう。

最も簡単な方法はホームセンター等で売られているフローリングの補修材を使用する事です。

小さな凹みキズで有れば直接その補修材を使用し凹みを埋めてしまいますが、もしも大きめの凹みキズの場合には仕上げ用の補修材も準備します。

先に凹みキズを埋めてから表面を仕上げます。

特に仕上げ用の補修剤は、フローリングに合わせた様々な色合いが有りますので、ご自宅のフローリングに合わせる事が大切です。
また、木目専用のペンも売っているので柄に合わせた色の物も合わせて購入しておきましょう。

補修材によっては、温めて使用するものが有りますので、使用方法を確認してから購入しましょう。

また、無垢フローリングの場合、小さな凹みで有れば画鋲等でちょこっと刺してそこから水を垂らす事で膨らみます。
凹みを目立たなくすることができます。

ただし床材の種類、硬さ等によっては水分で膨らまないものも有ります。
一度、見えない場所で膨らむか試してから行いましょう!?

フローリングのくすみや汚れを落とす

次にフローリングのくすみや汚れ落としに付いてです。
フローリングの場合に特に目立つのは足脂の汚れです。

フローリングの床に足跡がビッシリと付いていた経験をお持ちの方も多いと思います。

この様なフローリングを綺麗にする手順は、先ずは床面のホコリをフローリングワイパー等で取ります。

次に掃除機でフローリングの溝等のホコリを取ります。
次に水分をしっかりと絞った雑巾等を使い汚れ部分を拭くと言う手順で行います。

この水拭きの際は台所用の中性洗剤をちょっこと使う様にします。
その後、きれいな雑巾で拭き取ります。

洗剤は残さないようしっかりと拭き取ってください。
この時、ワックスが掛かっている場合は注意が必要です。

洗剤の成分を残してしまったりするとワックスを痛めてしまう可能性があり、その場合再度ワックス掛け等が必要になってしまうからです。
特に汚れが気になる部分などは雑巾を変えながら念入りに拭きあげる様にしましょう。

フローリングには多くの場合ワックスが塗られておりますので、他の床磨き剤等の使用はかえってクスミ等を招いてしまいますので注意が必要です。

The following two tabs change content below.
しろくまくん
この記事はしろくまペイントが編集・監修しました。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. 将来を見据えた間取りの考え方

  4. 将来的に必要がなくなるであろう部屋を考慮した間取りあり方

  5. 住宅ローンフラット35とは!?

  6. キッチンのスペースはどれくらいが良い!?