ガス温水床暖房のメリット・デメリットとは!?

ガス温水床暖房のメリット・デメリットとは!?

■ 寒くなってきましたね!

みなさんこんにちは
しろくまペイントです。

住宅のリフォームしたいと思った時、床暖房を導入を検討される方も多いと思います。
床が暖かいことで快適に過ごせますもんね!

そのためか、最近では、新築時に床暖房を導入する家も増えています。

 ”床暖房選びのコツは初期導入コストばかりに捉われず運転コストも理解することです”

床暖がなく、通常の空調設備だけの場合、足元の寒さが気になりませんか。
空気の性質上、冷たい空気は下の方に、暖かい空気は上に上がりやすく、床付近はなかなか暖まらないんです。

ガス式床暖房について

床暖房にはガス式や電気式のものがありますが、今回はガス式についてお伝えします。

請負会社によっては、ガス式しかできない、電気式しかできないといったことがありますので、まず、相談する際、要望の床暖房の施工に対応できるか聞いてみましょう。

ガスの場合、都市ガスエリア、プロパンガスエリアに分けられガス料金も異なります。
床暖房の運転コストに直結することも理解しておく必要があります。
また、床暖房はエネルギー料金をはじめ、方式によっても運転コストが違ってきます。

初期費用だけに捉われず、運転コストも踏まえて考えることをおススメします。

最近の床暖房はエネルギー効率も良くなっています。
初期費用が高いことを嫌わず、運転コストも確認してみましょう

ところで、床暖房にはどのようなメリットがあるのでしょうか!?
☑ 顔がのぼせない
☑ 音がなく静か
☑ 足元が暖かい
☑ 空気が汚れない

こんなにメリットがたくさんある床暖房ですが、デメリットもあります。

気をつけたい点としては、設置するにあたり、床暖房に対応できる床板の種類しか選べなくなります。
例えば、気に入った無垢フローリングがあっても、床暖房に対応していない場合には採用できなくなります。

前もって床暖房対応の床材をチェックしておく必要があります。

また、床暖房をどこに設置するか、どのくらいの面積にするか(面積が狭い方が安いので)、で悩むと思いますが、当然ですが、床暖房を設置したところは暖かく、そこから外れた所は冷たくなります。
床暖房を入れると、床暖房が入っている箇所と、入っていないと箇所が、明確に感じられます。

自分がよくいるであろう位置や、家事の動線などを想定して決めたほうがいいでしょう。

関連記事

  1. ブログの一覧です。ご覧ください

    記事一覧

  2. その工事本当に必要ですか!?2017年最新版!!訪問販売、悪徳業者から身を守る方法とは

  3. シロアリ・腐朽菌

    シロアリや腐朽菌から家を守るためには!?

  4. 準防火地域の木造3階建てに適応されるルールとは!?

  5. リフォームに際しキッチン・バス・トイレを予算内で賢く選ぶ方法とは

  6. 木材のJASやJISとは!?